劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

人間の真の在り方を問う、近未来型サスペンスアクション!!


2015年1月9日公開

監督:塩谷直義
出演(声):花澤香菜・関智一・野島健児 他


【賛否両論チェック】
賛:「人としてどう生きるべきか」を、近未来の世界観で問いかける意欲作。今回はスケールも大きく描かれている。
否:やはり原作やアニメ版の知識があった方が楽しめる。グロシーンも多数あり。外国語の字幕も多め。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・惨殺シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・拷問のシーンは少し怖いかも


 人気アニメの劇場版です。今回は舞台を海外に移し、世界規模での戦いが描かれます。


 物語の舞台は、人間の頭脳を数値で計測出来るようになった近未来の世界。“シビュラシステム”というそのシステムは日本で導入され、犯罪計数が高い人間は、犯罪予備軍として公安局が予め取り締まるようになっていました。主人公の監視官・常守茜は、その夜も部下を引き連れ、外国人による密入国と武器密売の現場に踏み込み、大立ち回りの末に犯人を射殺・拘束します。


 数日後、茜は上司の禾生(かせい)に呼ばれます。そこで茜は、先日処理した外国人達が、最近日本の協力でシビュラシステムを導入した新興国・シーアンからの密入国者だったことや、彼らの記憶を解析した結果、かつて公安の執行官だった男・狡噛(こうがみ)の姿が映っていたことを告げられます。そこで禾生は茜に、シーアンに渡って狡噛の行方を調査し、発見次第逮捕するよう指示されるのでした。


 茜は部下を連れず、敢えて単身シーアンに渡ります。そこで彼女が目にしたのは、“シャンバラフロート”と呼ばれる、シビュラシステムによって完璧に秩序支配された首都と、その外で政府の憲兵隊に必死の抵抗を続けるゲリラの姿でした。憲兵隊の治安維持作戦に同行した茜は、戦闘の最前線で、探していた狡噛を発見。成り行きで行動を共にすることになった茜は、
「何故ゲリラと共に活動をしているのか?」
と問いかけますが、そんな彼女に狡噛が告げたのは、シーアン政府のシビュラシステム乱用の実態でした。憤る茜でしたが、そんな2人の下には、憲兵隊のニコラス大佐から要請を受けた、強者揃いの傭兵集団・デスモンド達の影が迫っているのでした・・・。


 結構難しくて深い世界観なので、予備知識があった方がイイ作品ではあります。案外政治色も強い感じで、与えられた安全な暮らしを決められたままに生きるか、それとも危険に身を投じてでも自由を手にしているか、究極の二択に心が動かされます。


 グロシーンもあってR-15指定ではありますが、自分の生き方に迷った時、ふとご覧になってみるのもイイかと思います。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/