96時間 レクイエム | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

最強すぎる父親、ここに完結。・・・本当に?(笑)


2015年1月9日公開
監督:オリヴィエ・メガトン
出演:リーアム・ニーソン
マギー・グレイス
ファムケ・ヤンセン 他


【賛否両論チェック】
賛:家族を守るために、どんな相手でもねじ伏せていく主人公が圧巻で痛快。今回は意外性のある真相も魅力。
否:主人公の暴走は、ある意味快く思えない人もいるかも。展開はやや強引な感があり。


ラブシーン・・・キスシーンのみあり
グロシーン・・・殺害シーン・拷問シーンなど多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 あの最強無敵の父親が帰ってきました。今回が3部作目にして最終章です。


 元CIAのトップエージェント、ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)。元妻のレノーアと娘のキムを守るため、パリとイスタンブールで犯罪組織を相手に戦ったブライアンでしたが、今は穏やかな生活を手に入れていました。レノーアは今の夫・スチュアートと暮らし、キムは大学の同級生と恋仲に。ようやく3人に平和な毎日が戻ったかと思われました。そんなある日、ブライアンの自宅に、レノーアがやってきます。彼女によると、最近スチュアートとの関係が冷え切ってしまっており、自分にはもう彼を愛する感情がなくなってしまったとのこと。彼女の相談を友人として受け止めるブライアンは、自宅の合い鍵を渡すと、
「しばらく家を空けるので、1人になりたい時はいつでも使っていい。」
と告げます。


 その後、休暇を利用して旧友とのゴルフを楽しんでいたブライアンでしたが、そこへキムから電話がかかってきます。何か相談事がある様子のキムでしたが、それもそのはず、実はキムは妊娠が発覚していたのでした。娘想いのブライアンはとんぼ返りすると、キムとおち会います。しかし悩みに悩んだキムは、結局本当のことをブライアンに相談することが出来ませんでした。すると今度は、スチュアートがブライアンの自宅を訪ねてくると、
「レノーアとの問題は夫婦の問題なので、しばらく彼女に関わらないでほしい。」
と釘をさしていくのでした。


 それからしばらくして、ついに事件が起こります。ある日帰宅したブライアンは、寝室で無残にも殺されているレノーアを発見。さすがのブライアンも、思わず取り乱してしまいます。しかもすぐに警察が到着し、ブライアンは疑いをかけられてしまうのでした。
「自分はやっていない!!」
という主張を聞こうとしない警官達を見て、ブライアンは自ら真相を追うことを決意。警官達の隙を突いて逃走すると、レノーアの車からGPS情報をコピー。彼女が立ち寄ったと見られる、街外れのガソリンスタンドに向かいます。そこで、捜査官を偽って監視カメラの映像を確認したブライアンは、レノーアを車に押し込んで連れ去る、右手の甲にタトゥーのある男の姿を見つけるのでした・・・。


 このお父さん、とにかく〝強い”の一言です(笑)。自分の家族を守るためなら手段を選ばず、どんな危険な場所へも進んで飛び込んでいきます。その何にも屈することなくねじ伏せていく様は、非常に痛快でカッコいいです。若干やり過ぎな感もありますので、倫理的には賛否が分かれそうなところ。そして今回は、元妻殺害の真相を暴くという、サスペンス色も強いものになっています。


 案外好みが分かれそうな作品ではありますが、大切な家族を守りたいお父さん世代には、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※リーアム・ニーソン・・・本作の主演。もはやアクション俳優と呼んでも差し支えないかと(笑)。「96時間」シリーズは勿論のこと、「バットマン・ビギンズ」ではバットマンと戦い、「THE GREY 凍える太陽」では雪山で狼と戦い、「フライト・ゲーム」では航空保安官として事件と戦い、「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」では悪役として、セス・マクファーレンと戦っています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/