オキュラス 怨霊鏡 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

幻覚にハラハラ。姉弟の絆が挑む〝呪い”の正体。


2015年1月3日公開
監督:マイク・フラナガン
出演:カレン・ギラン
ブレントン・スウェイツ 他


【賛否両論チェック】
賛:何が現実か分からなくなる後半の展開は、ハラハラ感満載。
否:伝えたいことはよく分からないホラー。グロシーンもあり。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・基本的にはなし
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが多数あり


 両親を殺害した鏡の〝呪い”に挑む、姉弟の姿を描いたホラーです。


 物語の主人公は、姉・ケイリーと弟・ティムの姉弟。現在、ケイリーはオークション会社に勤務し、マイケルという伴侶を得て成功を収めていましたが、一方のティムは精神病院に入院していました。というのも、11年前のある夜、2人の母親が父親による拷問の末に殺害され、その父親をティムが殺害したとされていたからです。最近になって、ようやくティムの退院が許可され、身元引受人にはケイリーが名乗り出ます。一方のケイリーは、自身の会社のオークションで、かつて自宅にあった大きな姿見「ラッサーの鏡」が出品されるのを突き止めます。 


 ティムの退院当日、迎えに来たケイリーは、ティムに鏡のことを話しますが、ティムの表情はすぐれません。それもそのはず、2人は事件当時から、両親が狂ってしまったのは鏡による〝呪い”のせいだと思っていましたが、ティムはその後の治療によって、その考えを否定するようになっていたからです。しかし、ケイリーは相変わらず鏡の〝呪い”に固執し、父親の汚名を晴らすべく、血眼になって鏡の行方を追っていたのでした。その後、鏡はオークションの落札者の下へと送られることになりますが、ケイリーは
「クライアントの依頼で、修復作業が必要になった。」
と偽り、鏡を持ち出すことに成功します。その過程でもケイリーは、鏡に映る怪しい人影が、具現化するのを目撃するのでした。


 ティムの心配をよそに、ケイリーは鏡をかつての自宅に持ち込みます。既にそこには何台ものカメラや温度計、アラームなどが設置されており、鏡の〝呪い”を実証する準備は万全。早速ケイリーはカメラで記録を始め、調べ上げた鏡の歴史を語り始めます。それによると、「ラッサーの鏡」に起因するとみられる不審死は、実に45件。いずれも持ち主が不可解な死に方をしていました。
「こじつけだ。」
とするティムでしたが、やがてこの実験の最中にも、少しずつ怪しげな現象が起き始めます。そして事態は、11年前の事件をフラッシュバックさせながら、取り返しのつかない方向へと進み始めてしまうのでした・・・。


 ストーリーは、11年前と現在が複雑に絡み合う形で進行していきます。なんだか言いたいことがよく分からない作品ではありますが、ホラーとしては非常にイイ感じです(笑)。鏡が見せる幻覚によって、目の前で起きていることが、果たして現実なのか偽物なのかが全く分からなくなるので、思わずハラハラドキドキの連続です。切ない終わり方も、個人的にはステキですね。


 グロシーンは当然ありますので、そこだけご注意を。ホラーが大丈夫な方には、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/