THE LAST NARUTO THE MOVIE | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

知っていれば感動、知らなければ「?」の、完全ファン向けムービー!!


2014年12月6日公開
監督:小林常夫
出演:竹内順子・水樹奈々 他


【賛否両論チェック】
賛:ファンにはたまらないストーリー最終章。桁外れのスケールで展開される戦いが圧巻。
否:前もって何かしらの知識がないと、全く分からないまま終わってしまう。


ラブシーン・・・キスシーンのみあり
グロシーン・・・殺害シーンは多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は小さい子には少し怖いかも


 人気コミックの映画化にして、最終章です。


 物語の舞台は、どこか現代と似たような面影を持つ世界。〝チャクラ”という気を操る忍び達が、それぞれの国を守っていました。主人公・うずまきナルト(声:竹内順子)は先の大戦で活躍したため、国では英雄として崇められており、町を歩けば、忍びを目指す少女達の憧れの的になっていました。そんなナルトに密かな恋心を寄せる幼馴染みの忍び・日向ヒナタ(声:水樹奈々)でしたが、いつも取り巻きに囲まれているナルトとは、どこか距離を感じてしまっていました。


 そんな平和な町にある夜、怪しげな影が忍び寄ります。彼らは〝白眼”という全てを見通す眼を持つヒナタを狙って自宅を襲い、たまたま家にいた妹のハナビを連れ去ります。一方ヒナタは、手編みのマフラーをナルトに渡すことが出来ずに、1人公園で落ち込んでいました。するとそこへ、トネリと名乗る1人の青年が近づいてくると、ヒナタを連れて行こうとします。ヒナタを追いかけてきたナルトの激闘によって、ヒナタはなんとか難を逃れますが、ハナビの方はサイの追跡も虚しく、連れ去られてしまいます。


 時を同じくして、月が地球に異常接近。隕石の落下などにより、被害も出始めていました。異常接近がハナビの一件と関係していると感じたはたけカカシは、ナルト達を招集。捜索隊を編成します。かくしてナルト達は、トネリの陰謀が渦巻く敵のアジトを探し、旅立つのでしたが・・・。


 物語の最終章にふさわしく、地球の存亡を賭けた宇宙規模の大バトルが繰り広げられ、圧巻です。〝愛”という永遠普遍のテーマが真正面から描かれているのも、情操教育にとってもイイですね。ただ一方で、全然予備知識なしで観ると、本当に訳が分からないまま終わってしまう感が満載です(笑)。 


 良くも悪くも、今までを知っているファンの方向けの映画といって、間違いなさそうです。


【ワンチャン・ポイント】
※大谷育江さん・・・主人公の弟子・木ノ葉丸役。本作での出番は少なめですが、意外と重要な役どころのようで。「ポケットモンスター」のピカチュウの声で世界的に有名な方で、他にも「名探偵コナン」の光彦役でもお馴染みですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/