フューリー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これが戦争の現実。悲惨だが心動かされる戦争映画。


2014年11月28日公開
監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット
ローガン・ラーマン
シャイア・ラブーフ 他


【賛否両論チェック】
賛:決して綺麗事だけではない戦争の悲惨さを、生々しく描き出している。1人の新兵がその悲惨さと向き合い、成長していく様も考えさせられる。
否:レーティングこそないが、惨殺シーンなどの描写が多数あるので、苦手な人には不向き。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・戦闘シーンが多数あり
怖シーン・・・急な敵襲などで驚かせる描写があり


 第二次大戦下、たった1台の戦車で300人のドイツ兵と戦った5人の兵士の姿を描きます。主演はブラッド・ピット。


 1945年4月。連合軍はドイツへの侵攻を開始。主人公の〝ウォーダディー”ことドン(ブラッド・ピット)はその最前線で、“ヒューリー”と名付けられた戦車を率いていました。乗組員は、操縦士の〝ゴルド”ことトリニ(マイケル・ペーニャ)、敬虔なクリスチャンの〝バイブル”ことボイド(シャイア・ラブーフ)、荒くれ者の〝クーンアス”ことグラディ(ジョン・バーンサル)と、百戦錬磨の強者ばかり。先の戦闘で副操縦士の〝レッド”を失ったフューリーに補充されたのは、8週間前に部隊に入ったばかりの新兵・ノーマン(ローガン・ラーマン)でした。


 元はタイピストだったというノーマンは、絵に描いたような心優しい青年で、周りからも小馬鹿にされてばかり。そして彼は、部隊の移動中に攻撃を仕掛けてきた、子供のドイツ兵を撃つことが出来ず、甚大な被害を出してしまいます。そんなノーマンを見かねたドンは、彼をドイツ兵の捕虜の射殺現場に立ち会わせると、引き金を引くよう迫ります。しかしノーマンは撃つことが出来ず、結局ドンに羽交い締めにされ、泣く泣く引き金を引くのでした。そんな、時に非情なドンの姿勢は、「乗組員全員の命を守る」という、固く誓った約束に裏打ちされたものでした。それを知ったノーマンは、少しずつ兵士として成長していきます。


 部隊は南部の小さな街を占拠すると、大隊と合流。ドンとノーマンは踏み込んだ1軒の民家で、2人の可憐な女性達と遭遇します。従姉妹同士だという彼女達。その1人・エマとノーマンは、すぐに惹かれ合いますが、やがてクーンアス達の邪魔が入り、ムキになるノーマンとの間で、雰囲気は険悪になってしまいます。ドンが一喝し、その場はなんとか収まりますが、ノーマンは後ろ髪を引かれる想いで、民家を後にします。すると次の瞬間、
「敵襲!!」
との怒号と共に、敵の砲弾が飛来。騒ぎが収まった時、振り返ったノーマンの目に飛び込んできたのは、無惨にも崩れ落ちた民家と、その下敷きになり即死してしまったエマの姿でした・・・。


 まず、戦争の描写が非常に生々しくてリアルです。戦車内部の連携の様子なんかは勿論ですが、実際の戦闘での戦術や、占領した街での様子など、戦争の実態を赤裸々に描き出しています。その分、顔の皮が剥がれたり足が吹き飛んだりと、かなりグロい描写もありますので、ご注意を。


 最初は何も出来なかったノーマンが、その戦争の惨い部分を目の当たりにして少しずつ成長をしていき、やがて〝マシン”と名付けられるまでになっていく様子が、観ていて感動を呼びます。主人公のドンが、そんなノーマンを厳しくも温かく見守る様も、ドンの人間性を垣間見られるようでステキです。


 決して綺麗事だけでは語れない戦争の真実を、是非劇場でご覧下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※ローガン・ラーマン・・・本作では、成長していく新兵・ノーマン役。「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」で、主役のパーシー・ジャクソンを演じられている方で、他にも「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」でも、主役のダルタニアン役でご出演。〝成長を遂げる青年”というイメージがピッタリな方ですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/