インターステラー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

長くて難しい。全てを超越する〝愛”の行方。


2014年11月22日公開
監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー
アン・ハサウェイ 他


【賛否両論チェック】
賛:物理的な距離や果てしない時間を超越して、家族を愛し続ける父親の悲壮な想いが、胸を熱くする。壮大なスケールで描かれる世界観にも圧倒される。
否:如何せん上映時間が長く、内容も難しい理論が沢山出てくるので、観ていて疲れる。理屈が納得出来ないことも多そう。宇宙のシーンは酔いやすいかも。


ラブシーン・・・なし

グロシーン・・・ほとんどなし

アクションシーン・・・少しだけあり

怖シーン・・・急に驚かせるシーンが少しあり


 「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン監督最新作です。人類を救う希望を託された父親の苦悩を描きます。


 物語の舞台は、荒廃した近未来の地球。度重なる砂嵐の襲来で作物は育たず、人口は減少。地球の寿命は少しずつ終えんに向かいつつありました。主人公のクーパー(マシュー・マコノヒー)は、元は優秀な宇宙飛行士でしたが、今は唯一育つコーンを育てながら、息子のトムと娘のマーフ、そして自身の父親と共に、細々と暮らしていました。マーフは成績は優秀でしたが、学校では問題児として扱われており、クーパーは学校に呼び出されると、マーフの停学処分を告げられてしまいます。


 そんなマーフは、夜な夜な自室の棚の本が落ちてくる現象に悩まされており、「幽霊の仕業」だと信じて疑いませんでした。しかし、好奇心が旺盛なマーフは、クーパーに言われた通りに現象を客観的に分析。いつも同じ本が落ちていることに気づき、これが何かのメッセージではないかと考えます。やがて、マーフからその話を聞いたクーパーは、現象がモールス信号を表していると推測。それを解読してみると、とある座標が導き出されるのでした。


 早速トラックに乗り、その座標を目指すクーパー。こっそり乗り込んでいたマーフと共に、目的地を目指します。そこにあったのは、フェンスに囲まれた謎の建物。侵入を試みるクーパーでしたが、あっさりと捕まってしまいます。建物の中で彼らが出逢ったのは、クーパーのかつての恩師・プライド教授(マイケル・ケイン)や、その娘で科学者のアメリア(アン・ハサウェイ)など、一線で活躍する研究者達。実はこの施設は、かつてのNASA。政府によって解体されたNASAは、極秘裏に活動を継続。48年前に、土星の軌道上にワームホール(別の銀河系へと移動可能な空間)の出現を察知し、これを「何者かが人類を助けようとしてくれている」と考え、研究者達を送り込んでいました。その中で、研究者達からの信号が送られてきたのは3つの星。その星へ向かい、状況を確かめ、戻ってきて人類を移住させる〝プランA”と、もし帰ってこられなくても、持参していく受精卵を繁殖させ、人類を存続させる〝プランB”。この壮大な計画を、NASAは今まさに進めようとしているところでした。プライドは、
「君の技術が必要だ。」
と、計画への参加を促します。戻ってこられないかもしれない究極のミッションに、想い悩むクーパーでしたが、最終的に参加を決意。しかし、マーフはこれを受け入れられず、ふさぎこんでしまうのでした・・・。


 相対性理論とか量子論とか、難しい話が沢山出てくるので、理屈で理解しようとすると、我々一般人には結構無理がありそうです(笑)。展開も、一歩間違えればあり得ないファンタジーとして片づけられてしまいそうなくらい、結構際どい理論が展開されます。逆に言うと、それくらい壮大なスケールで、壮大な宇宙の物語が描かれているので、感動もひとしおです。〝愛”を科学的に説明しようとするシーンは、思わず考えさせられてしまいます。


 距離も時間も遠く離れていても、それでもなお家族のことを想い続ける主人公の姿は、観ていて涙を誘います。〝人類の存続”という、命を賭けた重いミッションを果たそうとする彼らのそれぞれの決断が、物語をより際立たせています。


 上映時間もかなり長めなので、じっくりと物語の世界に浸りたい方に、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※マット・デイモン・・・本作では、惑星の調査に出向き、1人コールドスリープの中で眠っていた天才科学者・アン博士役。言わずと知れた「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の主役です。他にもイラク戦争の裏側を描いた「グリーン・ゾーン」や、近未来の二分された世界を描いた「エリジウム」等々、様々なアクション映画に出演されています。一方、妻の死から立ち直るために、子供達と共に動物園を購入する実話を描いた「幸せへのキセキ」では一転、頼もしい父親役も熱演されていますね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援させていただいていた、ミスキャンパス同志社2014ファイナリストの野瀬悠未さんが、準ミス同志社を獲得されました!!おめでとうございます!!