劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

自由は自分の手でつかみ取る。主人公の悲壮な決意の前篇。


2014年11月22日公開
監督:荒木哲郎
出演(声):梶裕貴・石川由依・井上麻里奈 他


【賛否両論チェック】
賛:与えられた安全を捨て、自らの運命を切り開こうとする主人公の姿に胸を打たれる。予備知識が要らないのも嬉しい。
否:巨人に食べられる描写など、グロいシーンが続く。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・惨殺シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・巨人の描写は結構怖いかも


 人気コミックのアニメ映画化・前編です。


 物語の舞台は、“巨人”と呼ばれる巨大な生物達が現れ、人間を捕食している世界。人間達は巨大な壁を何重にも建設し、その中での暮らしを余儀なくされていました。しかし、そんな生き方が始まって早100年が過ぎ、人間は巨人の脅威を忘れつつありました。主人公の少年・エレンは、そんな暮らしに疑問を感じ、いつしか壁の外を夢見るようになっていました。彼は唯一壁の外に出て巨人と対峙し、その生態と弱点を探る調査兵団への加入を望んでいましたが、そうした彼の願いに対し、血の繋がらない兄弟の少女・ミカサや、母親は大反対。唯一父親だけが、そんなエレンに理解を示してくれていました。エレンとミカサには、エレンと同じように外の世界を夢見る友達・アルミンがいましたが、彼もまた“異端児”と呼ばれ、イジめられていました。


 その日もエレンとミカサは、殴られていたアルミンを助け、壁の外の世界へと想いを馳せていました。
「壁が100年破られなかったからって、今日も同じように暮らせるとは限らない。」
アルミンがそう呟いたまさにその時、雷鳴が轟いたかと思うと、壁の向こうに巨大な稲妻が落ちます。そして次の瞬間、50メートルはある壁の上に、巨人の顔が覗きます。今までのどの巨人よりも大きな、超大型巨人出現の瞬間でした。巨人は瞬く間に壁に穴を空け、そこからおびただしい数の巨人達がなだれ込んできます。平和だった日々は終わりを告げ、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられます。エレンとミカサは命からがら逃げおおせますが、2人の母親は彼らの目の前で巨人に食べられてしまいます。その凄惨な光景が脳裏に焼きついたエレンは、その怒りを憎しみに変え、
「奴らを1人残らず駆逐してやる!!」
と、復讐を固く誓うのでした。


 時は流れ、5年後。内側の壁への撤退を余儀なくされた人類は、その存亡を賭け、必死の抵抗を続けていました。エレンとミカサ、そしてアルミンの3人は兵団に入り、3年間の過酷な訓練を終え、訓練生の中でも優秀な成績を修めていました。彼らが選べる道は3つ。各都市を守る「駐屯兵団」、壁の外へ打って出る「調査兵団」、そして成績上位10人のみが志望出来る、国王直属の「憲兵兵団」。多くの者が、安全で高給な憲兵兵団を希望する中、巨人に復讐するために入団したエレンは、迷いなく調査兵団を希望します。そして、彼の言葉に触発された他の成績上位者も、軒並み調査兵団を希望。それぞれの思惑を抱えながら、配属の朝を迎えます。ところが時を待たずして、今度はエレンの目の前に、またしてもあの超大型巨人が出現します。突然のことに唖然とする面々でしたが、1人エレンは復讐のチャンスとばかりに、単身で超大型巨人に飛びかかっていくのでしたが・・・。


 原作やアニメ、いずれの知識もなくても大丈夫です。1つの作品の前編として観られます。特筆すべきは、何といってもその世界観。人間を滅ぼしうる脅威に怯え、かりそめの安全神話にすがって生きるだけの日々を捨て、危険でも自らの自由意思で道を切り開こうとする主人公の姿が、とても印象的でカッコイイです。後編へと謎を残す終わり方も、続きが観たくなる感じでイイですね(笑)。


 巨人は人間を喰らう生き物なので、そうしたグロい描写も結構あるのが難点ですが、実写映画化も決まっている話題作ですので、是非ご覧になってみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※実写版「進撃の巨人」・・・2015年夏に、同じように前後編の2部作で公開が決定しています。主人公・エレン役には三浦春馬さん、ヒロインのミカサ役には水原希子さん、そしてアルミン役には本郷奏多さん。他にも、三浦貴大さんや桜庭ななみさん、ピエール瀧さんや石原さとみさんなど、そうそうたる顔ぶれが勢揃いするようです。今から実写版も楽しみですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミスキャンパス同志社2014ファイナリスト
NO.3
野瀬悠未さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/missdoshisha2014/vote