MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

実写とアニメの絶妙な融合。思わずニヤける最高の片想い。


2014年11月22日公開
監督:犬童一心
出演:相葉雅紀
榮倉奈々
ハン・ヒョジュ
生田斗真 他


【賛否両論チェック】
賛:誰しもが経験しうるであろう片想いを、様々な視点で重層的に描いている。主人公の人柄にも大いに好感が持てる。また、作品を彩る音楽もステキ。
否:ファンタジー要素が多いので、好き嫌いは分かれそう。展開も結構強引で、出来過ぎている感がある。


ラブシーン・・・キスシーンのみあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 山下達郎さんの「クリスマス・イブ」から作られた原作を映画化。主演は嵐の相葉雅紀さんです。


 主人公・光(相葉雅紀)は、とある書店の店員。漫画家を目指している彼には、自身が小さい頃に生み出したキャラクター・デビクロ(声:劇団ひとり)という、奇妙な相棒がいました。そんな彼には、幼馴染みで家の向かいに住む造形作家・杏奈(榮倉奈々)がいました。小さい頃からイジめられっ子だった光は、いつも杏奈に助けられており、今でも事あるごとに杏奈を頼っていました。そんなある日の夜、考え事をしていた光は、曲がり角で1人の女性とぶつかってしまいます。慌てて謝罪する光でしたが、その時の女性のシルエットが、自分が幼い頃マンガで予言した〝運命の人”の現れるシチュエーションそっくりだったことから、その女性に一目惚れしてしまいます。早速そのことを杏奈に話す光。すると杏奈は、何かピンと来た様子。実はその女性は、杏奈も携わっているクリスマスのイルミネーションプロジェクトのリーダー・ソヨン(ハン・ヒョジュ)だったのでした。


 実は杏奈は、幼い頃からずっと光に恋心を抱いていました。しかし、鈍感な光はそれには全く気づかず、杏奈もまた彼に想いを告げられずに今日まで過ごしていました。そんな中聞かされた光の恋に、杏奈は複雑な心境を隠せません。それでも光のためにと、ソヨンが欲しがっていた本をさりげなく光に渡し、ソヨンの出待ちをさせます。なんとか先日の謝罪として、本を渡すことに成功した光。杏奈の作戦は成功し、ソヨンは大喜び。しかし後一歩が踏み出せない光は、次につなげることが出来ません。そんな中、光はいつものように出品したコミケで、高校の同級生・北山(生田斗真)と再会します。北山は元銀行員でしたが、今は夢を叶え、人気漫画家として活躍中。その自分とはかけ離れた様子に、光はどこかやりきれなさを感じてしまうのでした。


 そんな光に、突然ソヨンからお礼の電話がかかってきます。実は、光が奥手であることを知っていた杏奈が、こっそり本に光の名刺を忍ばせていたのでした。なかなか上手くデートに誘えない光でしたが、逆にソヨンの方から、食事に誘ってくれます。いきなりの急展開に、喜びを隠せない光。そんな彼の姿を複雑な想いで見つめながらも、デートのための下準備を手伝ってあげる杏奈。一方、実はソヨンも、昔の切ない恋を忘れられずにいるのでしたが、そんなことは光は知る由もありません。それぞれの様々な想いを抱えながら、クリスマスイブが近づいてくるのでした・・・。


 登場人物それぞれが、みんな誰かへの想いを抱えていて、とっても切ない物語です。クリスマスの華やかな雰囲気や音楽が、その恋心をよりドラマチックに引き立たせています。展開は「いやいや~、ありえないでしょ~」と思ってしまうくらいとっても強引ですが(笑)、そんなことがどうでもよく思えてしまうくらい、その世界観に魅了されます。光とデビクロくんの奇妙で絶妙な絡みも、最初こそ違和感はありますが、だんだん自然に見えてくるから不思議です。


 個人的には、榮倉奈々さん演じる杏奈の、サバサバしていて男勝りな性格がステキです(笑)。片想いに悩む全ての人に勇気をくれる、そんな作品に仕上がっています。


【ワンチャン・ポイント】
※犬童一心監督・・・本作の監督です。最近で有名なのは、やはり何といっても「のぼうの城」ですが、元々は「メゾン・ド・ヒミコ」や「グーグーだって猫である」、「眉山」等々、人間ドラマをステキに描いていらっしゃる監督さんです。あの実写版「タッチ」なんかも犬童監督作品なんですね。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミスキャンパス同志社2014ファイナリスト
NO.3
野瀬悠未さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/missdoshisha2014/vote