紙の月 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

愛は身を滅ぼす。人間の弱さを赤裸々に描く社会派作品。


2014年11月15日公開
監督:吉田大八
出演:宮沢りえ・池松壮亮・大島優子 他


【賛否両論チェック】
賛:人間が欲に溺れて身を滅ぼしていく様が、赤裸々に表現されている。誰しもの心に忍び寄りうる闇に、深く考えさせられる。
否:「自業自得」と言ってしまえばそれまでの内容なので、好みは分かれそう。過激なラブシーンもあり。


ラブシーン・・・過激なシーンがあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 平凡な銀行員が起こした巨額横領事件を描きます。主演は宮沢りえさん。


 主人公は「わかば銀行」に勤めるOL・梅澤梨花(宮沢りえ)。夫の正文(田辺誠一)との仲も順調で、ありきたりでも幸せな毎日を送っていました。そんなある日、彼は顧客の嫌味な老人・平林(石橋蓮司)の家で、孫の光太(池松壮亮)と出逢います。その日をきっかけに、光太は梨花に惹かれるようになっていきます。


 一方、梨花は正文と最近すれ違いの日々が続き、少しふさぎがち。同僚の恵子(大島優子)の、
「したいことはすることにしたんです。」
という言葉も、心に刺さります。そんな時、ふと顧客の家からの帰りに立ち寄ったデパートの化粧品売り場で、化粧品を衝動買いします。ところが、思ったより値段が張り、持ち合わせが足りません。次の瞬間、梨花の脳裏に悪い考えがよぎります。悩んだ末に、彼女は誘惑に負けてしまい、顧客から預かったお金から1万円を拝借してしまいます。すぐにお金を下ろして埋め合わせをしたので事なきを得ましたが、この事件から、梨花の中で何かが変わってしまうのでした。


 その後、偶然再会した梨花と光太は、次第に深い仲に。やがて梨花は、光太が大学の学費のために、サラ金から多額の借金をしていることを知ります。折しも、2人の関係を知らない平林から、
「ウチの孫に『金貸してくれ』って言われただろ?あんな孫には関わるな!!」
と電話があり、カチンときた梨花は、平林から預かったお金の横領を決意。書類を改ざんし、着服に成功すると、半ば強引に光太に渡します。しかし、1度外れてしまったストッパーは、歯止めが聞きません。そのうち、横領したお金で光太と贅沢な振る舞いをするようになった梨花は、顧客の老人達から様々な手口でお金を騙しとっては、そのお金を湯水のように使うようになってしまうのでした・・・。


 最初はごくごく平凡な生活を送っていた主人公が、とても些細な過ちが引き金となり、次第に道を踏み外していく様子が見事に表現されています。ある意味で誰しもが起こしてしまいうる事態に、身の毛もよだつ思いがします。そのくらい、横領にしても不倫にしても、主人公が徐々に背徳感をなくしていく描写がリアルで、考えさせられます。反面、言ってみれば「身から出た錆」的な話ではあるので、「いやいや、自分のせいでしょ」と思ってしまうと、あまり楽しめない作品でもあります。その辺は、好みが真っ二つに分かれるところだと思います。


 過激なラブシーンもありますが、「お金の怖さ」を改めて認識出来る作品に仕上がっています。


【ワンチャン・ポイント】
※藤本泉さん・・・本作では、池松壮亮さん演じる光太の、大学の同級生役でご出演。新進気鋭の若手女優さんで、「小川町セレナーデ」で主人公の娘役として、偽オカマバーの店員役を好演されていました。今後ますます活躍されていくと思いますので、要注目です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス國學院2014ファイナリスト
NO.3
小浜絵里花さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/misskokugakuin2014/vote