25 NIJYU-GO | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

王道中の王道。あれこれ考えずに観られる、ザ・Vシネマ。

2014年11月1日公開
監督:鹿島勤
出演:哀川翔・寺島進・温水洋一 他

【賛否両論チェック】
賛:これぞVシネマという筋書きで、深く考えずに物語の世界を堪能出来る。超豪華キャストによる競演も魅力。
否:王道のストーリーなので、展開はある程度読めてしまう。ラブシーンやグロシーンも、当然ながら多数ある。

ラブシーン・・・かなりあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも

 東映Vシネマ25周年記念作品です。主演は哀川翔さん。


 主人公の桜井(哀川翔)は西池袋署の刑事。相棒の日影(寺島進)と共に、悪質なバーや昏睡強盗を摘発しては、見逃す代わりに金を巻き上げていました。そんなある日、2人は署長の高見沢(大杉漣)に呼び出されます。署長によると、先日2人が摘発した不法就労のロシアンパブの金・250万円が行方不明になっているとのことで、
「明日までに250万を持ってこい。」
と告げられてしまいます。しかし、2人とも金は使ってしまい、どうにもなりません。途方に暮れる2人の車が、誤って横断歩道に突っ込んでしまい、ボンネットに1人の男性を乗せたまま走り去ってしまいます。


 この、ボンネットに乗ってしまった男が、某年金基金の金を横領した容疑で指名手配中の九十九(温水洋一)だったことから、2人は俄然色めき立ちます。しかも九十九は、未だに25億円もの大金を、どこかに隠し持っている様子。早速金のありかを聞き出そうとする桜井と日影でしたが、事故を起こした時に九十九が一緒にいたのが、暴力団・田神組の組員だったからさあ大変。九十九の金を当て込んで保護していた田神組が、九十九と金を取り返そうと、2人を襲撃してきます。しかもその場に、同じように九十九を狙う、謎のフルフェイスヘルメットの男まで現れ、現場は壮絶な銃撃戦となってしまいます。


 やっとの思いで敵を振り切り、逃げおおせた桜井と日影でしたが、九十九には逃げられてしまいます。しかも、九十九を庇った日影が、フルフェイス男の銃弾を受け、命を落としてしまいます。桜井は、死に際の日影の頼み通りに、現場から持ち出した金を日影の元妻・美由紀(鈴木砂羽)の下へ届けると、日影の仇を討つべく、フルフェイス男が狙うであろう九十九の行方を探します。一方、25億円を大物中国マフィア、ジョニー・ウォン(竹中直人)との取引に使おうとしていた田神組も、血眼になって九十九を探していました。さらにそこへ、真田(井上正大)率いる不良グループも金を狙って動き出し、事態は三つ巴四つ巴の争奪戦へと激化していくのでした・・・。


 さすが25周年記念作品、展開も描写も、ザ・Vシネマっていう感じです(笑)。悪い奴らばかりの登場人物に過激なラブシーン、そしてやり過ぎなくらいのド派手な銃撃戦と、まさに王道です。あまりに王道すぎて、展開が読めたりしてしまうのも、またご愛嬌といったところ(笑)。


 内容云々よりも、Vシネマが好きかどうかで好みがはっきり分かれるような、そんな作品です。

【ワンチャン・ポイント】
※井上正大さん・・・ 本作では、不良グループを束ねる半狂乱・真田役。「仮面ライダーディケイド」の主人公役でブレイクした方で、映画でもその風貌と立ち回りを存分に発揮されていて、「テコンドー魂 Rebirth」や「メサイア」、「リアル鬼ごっこ5」なんかにご出演されています。

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>

本サイトはこちら→ http://movienavi.net/

【追記】
縁あって応援することになりました♪

ミス國學院2014ファイナリスト
NO.3
小浜絵里花さん

是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/misskokugakuin2014/vote