キョンシー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

コミカルさは皆無。最恐最悪の怪物復活!!


2014年10月25日公開
監督:ジュノ・マック 出演:チン・シウホウ ベティ・ウェイ 他


【賛否両論チェック】
賛:〝死”に瀕した人間の哀しみや苦しみが、ホラーの中に克明に描かれる。驚かせるシーンが少ないので、ホラーが苦手でもまあ観られそう。
否:ツッコミどころは満載で、終わり方も好みが分かれそう。グロシーンも多数あり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気はメッチャ怖い


 あの伝説の怪物“キョンシー”がリメイクされました。「霊幻道士」を演じたチン・シウホウさんが、本人役で演じられています。


 かつて「霊幻道士」で人気を泊した俳優、チン・シウホウ。しかし今は落ちぶれ、ボロボロの古びた高層アパートに引っ越してきます。彼の部屋は、2442号室。到着早々、鍵を開けてくれた警備員のインが、
「早速儀式をしよう。」
と線香に火をつけると、
「お願いだから、暴れないでくれよ。」
と、何やらぶつぶつ言っているのでした。


 実は、チンがこのボロアパートにやって来た理由は、死に場所を決めるためでした。家具を汚さないように白い布で覆ったチンは、天井からぶら下げたロープで、首吊り自殺を図ります。ところが、苦しさで意識が遠のく彼の目の前で、床に敷いた布が人形に持ち上がったかと思うと、何かが彼の体に取り憑いてしまいます。次の瞬間、アパートに住む男・ヤウが飛び込んでくると、戦いの末にチンの中の悪霊を追い払います。ヤウは、代々キョンシー等の悪霊祓いをしている道士の末えい。彼の言動や、頻繁に2442号室の前に現れる女・フンと、その息子のパクの様子から、チンは自分の部屋に何かいわくがあると勘づきます。


 時を同じくして、アパートに住む老婆・ムイの夫・トンが謎の死を遂げてしまいます。悲観にくれたムイは、夫の死を隠し、密かに復活させるための儀式の方法を、アパートに住むもう1人の道士・ガウから教わります。同じ頃、チンは警備員のインが、フンとパク親子をかくまっているのを発見。そこでインから聞かされたのは、2442号室で起きた凄惨な事件と、未だ成仏出来ずに彷徨っている、双子の亡霊の話でした・・・。


 雰囲気はかなり怖い感じのホラーですが、急に驚かせたりするようなシーンは少ないので、ホラーが苦手な人でも観られないことはなさそうです。ただ、体を貫かれたり手がもがれたりと、グロシーンはメッチャ多いので、ご注意下さい。


 ストーリーそのものは好みが分かれるというか、ツッコミどころを挙げればキリがない感じです(笑)。全てを失った主人公が、1組の親子との束の間の触れ合いを通して、自分の死に場所を見出していく様子が、ホラー独特の雰囲気の中で描かれていきます。また。愛する者を失った悲しみから、超えてはならない一線を越えてしまう老婆や、理不尽な死に囚われ、亡霊となって彷徨う双子の悲劇も、ホラーの中にしっかりと描写されています。


 終わり方はかなり賛否両論あるかとは思いますが、往年の名作のリメイクを、是非ご覧になってみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス國學院2014ファイナリスト
NO.3
小浜絵里花さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/misskokugakuin2014/vote