美女と野獣 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

子供には不向き。“本当は恐ろしい”的な「美女と野獣」。


2014年11月1日公開
監督:クリストフ・ガンズ 出演:レア・セドゥ ヴァンサン・カッセル 他


【賛否両論チェック】
賛:誠実な少女と哀しき運命を背負った野獣との純愛が、ファンタジックな雰囲気の中で綺麗に描かれる。現実味のある終わり方もステキ。
否:アニメ版とは大きく異なり、ブラックなシーンも多いので、子供には不向きか。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも


 ディズニーのアニメでお馴染みの「美女と野獣」。その原作が実写映画化されました。


 物語は、フランスに古くから伝わる童話。2人の子供を寝かしつけるために、母親が絵本を読み聞かせるという形で進みます。かつて3隻の船を有し、財をなしていた商人がいました。彼の妻は病死していましたが、6人の子供に恵まれ、幸せな生活を送っていました。ところがある日、所有していた船が嵐に遭って難破してしまい、積み荷と共に全ての財産を失ってしまいます。彼らは失意の中、田舎町に引っ越します。それでも、船のうちの1隻が見つかったと聞き、商人は長男のマキシムを連れ、再び町へ駆けつけます。しかし、船は既に人手に渡っており、取り戻すことは出来ません。逆に、ケンカ別れになったマキシムを探しているうちに、商人はマキシムが多額の借金をしていたペルディカスの一味と遭遇してしまいます。バーのマスターの機転でなんとか逃げおおせた商人は、吹雪の中家路につきますが、森で馬を失い、自らも谷底へ落ちてしまいます。そこで彼は、誰もいない古びた城を見つけるのでした。


 城の中には食べ物や宝石が山ほどあり、商人は子供達の望んでいたものをかき集めると、その場を去ろうとします。その時彼はふと、末娘のベルが1輪のバラを欲しがっていたことを思い出し、庭に咲いていたバラを紡いでしまいます。次の瞬間、不気味な野獣が襲いかかってくると、
「俺の1番大切なものを盗んだな?」
と詰め寄ります。野獣は商人に、
「この代償は、お前の命で払ってもらう。1日だけ、家族に別れを告げに帰る猶予をやるから、必ず戻ってこい。戻らなければ、家族全員を皆殺しにしてやる。」
と告げます。


 翌朝、森で倒れているところを息子達に発見された商人。早速野獣のことについて話し合いが行われますが、結論は出ません。と、その話を陰で聞いていたベルは、突然身支度を始めます。末娘のベルは、母親が自分を産んだ時に亡くなったことに負い目を感じており、自らのせいで父親まで失いたくはないと、父の身代わりになることを決め、家族の制止も振り切って森へと向かいます。かくして広大な城で、ベルと野獣の奇妙な暮らしが始まるのでした・・・。


 まず、“原作”の映画化なので、ディズニーのアニメとは180度違います。子供には分かりにくくて怖い感じの、完全大人向けのストーリーです。運命の悪戯から大きな罪を犯してしまった野獣と、そんな彼の哀しい過去を知り次第に心惹かれていくベルの、不思議で美しい恋模様が、荘厳な雰囲気の中で紡がれていきます。純粋で真っ直ぐな愛が描かれる反面、人間の醜い欲望が赤裸々に描かれてもいます。夢と現実が絶妙なバランスで組み合わさっているともいえます。


 グロシーンもほぼないので、 ファンタジー好きな方には是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミスキャンパス同志社2014ファイナリスト
NO.3
野瀬悠未さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/missdoshisha2014/vote