ドラキュラZERO | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

伝説誕生の瞬間。これが真の〝ドラキュラ”。


2014年10月31日公開
監督:ゲイリー・ショア 出演:ルーク・エヴァンス ドミニク・クーパー サラ・ガドン 他


【賛否両論チェック】
賛:愛するものを守ろうとするがゆえに、哀しい運命に飲まれていく主人公が切ない。圧巻のアクションシーンも迫力満点。
否:急に驚かせるシーンやグロシーンが多いので、ホラー映画が苦手な人には不向きかも。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・惨殺シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが結構あり


 ドラキュラ誕生に隠された悲劇を描いた作品です。主演はルーク・エヴァンス。


 物語の舞台は、中世のトランシルバニア。かつてオスマン帝国に人質として送られ、最強の軍団・イェニチェリとして残虐に鍛え上げられた1人の少年・ヴラド。彼は“串刺し公”と呼ばれ、敵は彼の名を聞いただけで震え上がるほどでした。やがて少年は大人になり、トランシルバニアに帰国。父親として1人息子の面倒を見る一方、君主として国を治めていました。


 ある日のこと、領地内の河川にオスマン帝国兵の兜が流れ着いているのを発見したヴラド(ルーク・エヴァンス)は、オスマン帝国の脅威が迫っていると感じ、見張りを倍にするよう指示。自身は2名の部下を引き連れ、上流にある“牙の山”に向かいます。そこで彼らは、山腹に不気味な洞窟を見つけ、内部を捜索します。しかし、内部にはおびただしい数の死体の山。そして次の瞬間、闇に潜んでいた“何か”が襲いかかってきます。2名の部下は一瞬で命を落とし、ヴラドも命からがら逃げ出します。城に戻り、修道士から話を聞くと、魔物の正体はかつて悪魔と契約を交わした男だとのこと。男は強大な力を得たものの、代償として血の渇望に苛まれ、何百年もの間、自らの代わりとなる者を待ち続けているとのことでした。


 翌日はイースター。ヴラドも家族や民衆と祝宴を囲んでいましたが、そこへオスマン帝国の使者がやって来ます。牙の山にいた兵をヴラド陣営に殺害されたと思っているオスマン帝国側は、貢ぎ物を差し出すヴラドに対し、
「昔のように、男子1000人も人質として差し出せ。」
と要求します。しかも、ヴラドの息子も差し出せとのこと。一旦は要求を飲むべく、引き渡し場所に息子を連れてきたヴラドでしたが、必死に引き留めようとする妻や、どこまでもつけあがる使者の挑発に考えを翻し、使者達を全員斬り殺してしまいます。かくして、メフメト2世率いるオスマン帝国の大軍を相手に、全面戦争を余儀なくされたヴラド。彼は大軍に対抗すべく、闇の力を求め、単身牙の山へと向かうのでした・・・。


 1人の人間としての力しかなかった主人公が、愛する家族や国の危機に直面し、自らの運命を犠牲にしてでも守ろうともがく姿が、感動を誘います。そして、そこまで守ろうとした民衆が、彼の恐ろしい力を知ってしまった時の反応が、また切なさを際立たせます。


 一応主役がドラキュラなので、ホラー映画でよくあるような、急に驚かせたり、グロテスクなシーンなんかが結構あるので、ホラーが苦手な方には向かないかも知れません。大丈夫な方は、愛に生きた本当の“ドラキュラ”の姿を、是非ご覧になってみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※ドミニク・クーパー・・・本作では、狡猾で残忍なオスマン帝国の皇帝・メフメド2世役。「デビルズ・ダブル」で、サダム・フセインの息子とその影武者の一人二役を演じている他、「キャプテン・アメリカ」での博士・スターク役や、「リンカーン/秘密の書」での先輩バンパイアハンター役、そして最近では「ニード・フォー・スピード」でのライバル役など、主役から脇役、悪役まで、幅広く演じていらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス阪大コンテスト2014ファイナリスト
NO.5
有澤由真さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/missosaka2014/vote