泣く男 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

切なすぎるラストに賛否必至。血塗られた哀しき運命。


2014年10月18日公開
監督:イ・ジョンボム 出演:チャン・ドンゴン キム・ミニ 他


【賛否両論チェック】
賛:主人公が要所要所で下す決断がとても切なく、思わず胸を打たれる。アクションも豊富で、観ていて飽きない。
否:完璧な殺し屋の割に、妙に感傷的な主人公には違和感がある。終わり方も好みが分かれそうな所。グロシーンも多数あり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも


 韓国映画、「アジョシ」の監督最新作です。主演はチャン・ドンゴン。


 アメリカの裏社会で暗躍する最強の殺し屋、通称〝ゴン”(チャン・ドンゴン)。その夜も彼は、とあるロシアンマフィアの取引現場を襲撃し、その場にいた全員を暗殺します。その際、ふと廊下から聞こえた物音に反応し、ゴンは発砲。しかし廊下にいたのは、直前にゴンが出逢った幼い少女でした。胸にゴンの銃弾を受けた少女は、彼の目の前で命を落としてしまいます。


 その後ゴンは音信不通になり、自宅で酒浸りになっているところを、組織の仲間達によって発見され、呼び出されます。実は今回の一件は、取引現場にいた韓国人の男が、組織の裏情報をロシアンマフィアに売ろうとしたのが原因でしたが、肝心のデータが現場から消えていたのでした。組織は、男が直前にメールを送った相手を洗うことになり、ゴンは韓国にいる男の妻・モギュン(キム・ミニ)を探るよう命じられます。しかも男とモギュンは、ゴンが殺してしまった少女の両親。ゴンは複雑な心情を抱えたまま、一路韓国へと向かいます。


 モギュンは韓国の大手企業に勤務し、株のトレーダーとして第一線で活躍していました。ゴンは早速彼女の張り込みを開始。一方で韓国国内にいる組織のメンバーも、他のターゲットを調べ上げ、無関係であることを突きとめます。疑惑の目が一層モギュンに向けられる中、モギュンは送られてきた娘・ユミの遺品を整理します。ところがその中の携帯電話のストラップから、マイクロチップを発見。モギュンは何も気づかずに遺品を持ち返りますが、実はこのマイクロチップこそが、組織が血眼で追っていたデータだったことから、組織はモギュンを抹殺するよう、ゴンに命令を下します。しかし、幼い頃に母親に捨てられ、自殺されるという壮絶な経験をしていたゴンは、娘の死を受け止めきれずに絶叫するモギュンの姿に、銃を撃つことが出来ませんでした。そして彼は悩みぬいた末に、ある決断を下すのでしたが・・・。


 冷徹で完璧だったはずの殺し屋が、「少女の死」という事件をきっかけに心変りしていく様が、とてもリアルに描写されていきます。そこまで感傷的になる姿に、どうしても若干の違和感はありますが、それだけ彼の中で「家族の死」というものが、相当重要なものだったんだと思います。タイトルの「泣く男」という言葉の意味も、最後の最後でようやく理解出来ますので、最後まで注目して観てみて下さい。


 アクションは本格的かつ過激で、グロテスクな描写も多数ありますので、その点だけご注意を。


【ワンチャン・ポイント】
※チャン・ドンゴン・・・本作の主役で、言わずと知れた韓国のトップスターです。最近の出演作は、「危険な関係」や「マイ・ウェイ 12,000キロの真実」など、案外アクションは少なめですが、やはり本作のような本格アクションにも期待したいところです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミスお茶大2014ファイナリスト
NO.3
久一晏寿さん


是非投票よろしくです★
http://misscon.jp/univ/2014/ochanomizu/