小川町セレナーデ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

自分を貫くことの難しさ。オカマだからこそ知っている、本当の痛み。


2014年10月4日公開
監督:原桂之介 出演:須藤理彩・藤本泉・安田顕 他


【賛否両論チェック】
賛:生きるために必死に働く母と、人生に挫折した娘、そしてオカマ故に辛い半生を歩んできた父。三者三様の生き方が紡ぎ出す人間模様に、心温められる。余計な描写がほとんどないのも嬉しい。
否:序盤はやや駆け足で、観ていて少し退屈かも。後半は徐々に盛り上がっていくので、期待して前半を乗り切りたい。


ラブシーン・・・キスシーンあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 潰れかけのスナックを存続させるために、偽オカマバーを始めることにした母娘の姿を通して、店に集まる人間模様を描きます。


 主人公・真奈美(須藤理彩)はその昔、オカマのエンジェル(安田顕)が出演していたショーパブの舞台スタッフをしていました。しかし、2人で酔い潰れた一夜の過ちがきっかけで、娘の小夜子を身ごもります。その後、出産した真奈美は、女手1つで娘を育てる傍ら、街の片隅で〝スナック小夜子”を始めました。しかし、勢い余って娘の名前をつけてしまったことから、小夜子は学校で、
「スナック!!」
と呼ばれ、イジめられてしまいます。その頃から、小夜子には真奈美に対する反発心が芽生え始め、高校卒業後、とうとう小夜子は東京へと家を飛び出してしまったのでした。


 ところが、高校時代から筋金入りのダメンズウォーカーだった小夜子は、東京でもダメ男に振り回されてばかりで、何をやっても上手くいきません。やがて20歳を過ぎた頃、小夜子は生まれ育った町の生まれ育った家に、再び帰ってくるのでした。真奈美は相変わらず〝スナック小夜子”で常連客を相手にする日々を過ごしていましたが。折からの不況で経営は悪化、多額の借金を抱えていました。やってきた借金取りに、
「こんな店、さっさと売っちまいな!!」
と言われ、真奈美は店をたたむことにします。しかし、その際に借金取りが、
「隣り町で繁盛している〝シャープ”っていう店の、支店にしようと思っている。」
と話していたのが引っかかった小夜子は翌日、真奈美と唯一の従業員・亮子と共に、〝シャープ”の偵察に向かいます。


 いざ行ってみると、〝シャープ”は大繁盛しているオカマバー。最初は面食らっていた小夜子達でしたが、次第にその雰囲気にハマり、気づけばすっかり盛り上がっていました。勢いで、
「私達もやっちゃう!?」
とはしゃぐ小夜子と亮子を、苦笑いをしながら見ている真奈美でしたが、その翌日、2人が本当にオカマバーの内装作りを始めるのを見て仰天します。
「そんな生半可な気持ちで、オカマのフリなんか出来る訳ないでしょ!!」
と怒る真奈美。反発しながらも内心で納得した小夜子は、本物のオカマに指導・助言をもらうべく、母の昔の写真を頼りに、昔のショーパブの人脈を辿ろうとします。そして何も知らずに行き着いたのは、なんと自身の父親のエンジェルでした・・・。


 〝オカマ”という社会的に弱い立場の人間の葛藤と、生きるためにそのフリをしようとする母娘達。そして期せずして再会した実の父と娘。テーマ自体はこれでもかというくらい重いはずなんですが、本作の温かい雰囲気が、そのテーマを優しく包み込んで、彩ってくれます。そして不器用ながらも一生懸命に生きようとする主人公達の姿に、胸を打たれること請け合いです。


「生まれてこない方が良かった命なんてない。」
そんな言葉に思わず涙腺が緩む、変化球ではありますが、心温まる作品です。


【ワンチャン・ポイント】
※安田顕さん・・・本作では、オカマであり小夜子の父親という、難しい役どころ。ここまで自然に演じられるのは、安田顕さんしかいないかも知れません(笑)。「HK/変態仮面」の最強の敵役や「SPEC」の超能力者、「女子ーズ」の指導熱心な劇団長役などなど、変化球な役は得意とされている方です。これからもますますそのキャラクターから目が離せませんね(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<泣きたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス埼大2014ファイナリスト
NO.2
甲斐晴菜さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/misssaitama2014/vote