ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE 2 サイキック・ラブ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

物語は、予測不可能な“キス我慢の向こう側”へ(笑)。


2014年10月17日公開
監督:佐久間信行 出演:川島省吾(劇団ひとり)・上原亜衣・福士誠治・伊藤英明 他


【賛否両論チェック】
賛:映画としても、バラエティーとしても楽しめる新感覚映画。基礎知識も不要で、ゆるーい気持ちで楽しめる。
否:お色気シーンやグロシーンが多数あるので、苦手な人には不向き。


ラブシーン・・・お色気シーンメッチャあり
グロシーン・・・惨殺シーン多数あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが少しあり


 深夜バラエティーから、まさかの映画化・第2弾です。主演はもちろん、劇団ひとりこと川島省吾さん。


 本作は、MCのバナナマンとおぎやはぎも観客となり、劇団ひとりが巻き込まれる物語を見守る形式で進みます。ある程度の筋書きはありますが、セリフは全て劇団ひとりのアドリブで、周りの役者さん達は、それに巧みに合わせていきます。


 今回の舞台は、とある学校。突如現れた美女・亜衣(上原亜衣)。彼女のキスを拒んだ川島省吾が見たものは、屋上に累々と転がる死体と、その中心にたたずむ仮面の男、そしてその傍らに立ち尽くす亜衣の姿でした。同級生の順平(安井順平)や時生(柄本時生)が必死に2人を止めようとしますが、亜衣が放つ謎の力により、体の自由が効きません。そして最後には、省吾までもが撃たれてしまい、命を落としてしまいます。


 次に省吾が目を覚ますと、そこは学校の保健室。つい先ほど目の当たりにした凄惨な世界はそこにはなく、学校一の人気者の高校生という設定の省吾には、平凡な学校生活が待っているかと思われました。しかし、ポケットに入っていたラブレターに書かれていた待ち合わせの教室に行くと、そこには制服を隠され、裸でたたずむ亜衣の姿が。すぐに亜衣の兄・誠治(福士誠治)が駆けつけますが、彼の後を追ってきた不良の明慶(中尾明慶)達によって、誠治はボコボコにされてしまいます。見かねた省吾は誠治に加勢しますが、そこで突如亜衣が超能力を発揮してしまったことから、事態は思わぬ方向へ。亜衣の超能力を使って金儲けを企む高校教師・伊藤(伊藤英明)や、「超能力開発室」のみなみ先輩(小島みなみ)、そして怪しげな研究者達(戸次重幸・入江雅人)。様々な思惑が交錯する時、物語は次のステージへと進み始めるのでした・・・。


 MCと一緒に1つのストーリーを観るという、まずその空気が異色で面白いんですが(笑)、この映画の1番の魅力は、何といっても劇団ひとりさんのアドリブ力。よくもまあそんなにポンポンクサいセリフが出るなぁと感心してしまいます(笑)。そしてその演技に上手く波長を合わせ、ストーリーを進めていく周りの演者さん達もかなりスゴいです。ひとりさんがどんな演技をしてもいいように、メッチャ練習していらっしゃるそうですね。とにかくスゴいです。


 ストーリーは、前作よりはやや凝りすぎ感というか、少し分かりにくい感はあるかと思いますが、予備知識が不要なのは嬉しいところ。ラブシーンやグロシーンだけ気にならなければ、抱腹絶倒のバラエティー映画になること間違いなしです。


【ワンチャン・ポイント】
※福士誠治さん・・・本作では、物語の鍵を握る少女・亜衣の兄役。新進気鋭の若手俳優さんで、最近では「THE NEXT GENERATION パトレイバー」シリーズでお馴染みです。他にも「利休にたずねよ」や「東京難民」「L♥DK」なんかにも出てらっしゃいます。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス阪大コンテスト2014ファイナリスト
NO.5
有澤由真さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/missosaka2014/vote