近キョリ恋愛 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

教卓でのキスから、全てがあらぬ方向へ(笑)。


2014年10月11日公開
監督:熊澤尚人 出演:山下智久・小松菜奈・水川あさみ・新井浩文 他


【賛否両論チェック】
賛:「嫌いだけど好き」という、思春期の揺れ動く恋心を、“教師と生徒”というアブノーマルな設定で見事に体現。
否:テーマそのものが賛否あるのはやむを得ないか。ツッコミ始めるとキリがない。


ラブシーン・・・キスシーンあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 人気コミックの実写映画化、教師と生徒の禁断の恋を描きます。。主演は山下智久さん。


 主人公・櫻井ハルカ(山下智久)は、最近学校にやってきた新任英語教師。そのルックスと教え方の分かりやすさで、学校中の女子生徒の人気を集めていました。そんな彼はある日の放課後、学年一の秀才・枢木ゆに(小松菜奈)を呼び出します。理由は、
「英語の成績だけイマイチなので、これから放課後毎日特別補習を行う。」
というもの。閉口するゆにでしたが、強引なハルカは無理やり補習を始めてしまいます。


 始めこそ、補習の意味そのものに疑問を感じていたゆにでしたが、ハルカのドSなレッスンを受けるうちに、少しずつ実力がついていきます。と、同時に2人の間では、お互いに微塵も感じていなかった恋心が、芽生えるようになっていきます。


 実はゆにには、かつて「留学をして、憧れの教授の授業を受ける」という目標がありましたが、英語が苦手だと言う理由で、自分から諦めていました。そんなゆにを、時に厳しく、時に優しく見守るハルカ。しかし、かつての恋人・美麗(水川あさみ)が転勤してくると、すぐに2人の関係に気がついてしまいます。美麗の忠告に、複雑な思いを抱くハルカ。そしてゆににも、元ヤンだが超真面目なパティシエ志望の同級生・竜(小瀧望)が、猛アタックをかけてきます。果たして2人の運命は、どこに向かっていくのでしょうか・・・。


 ザ・若い方向けの映画です(笑)。キュンキュンします。教卓に隠れてのキスとか、ツッコミどころは満載なわけですが(笑)、あまり気にせずに純粋にストーリーを楽しむのがベストかと。


 ゆにの親友・ナミ(山本美月)が言う、
「大嫌いも大好きも、両方あるのが本物の恋。」
という言葉が、すごく重みがあります。思春期の忘れてしまった青春を思い出したい方に、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※学校のシーン・・・最近の映画でよく出てくる場所が採用されています。主な校内のシーンは「ハイキック・エンジェルス」と同じところ。屋上のシーンなんか分かりやすいですね。校門のシーンは「NMB48」の映画と同じところです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<デートで観たい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス埼大2014ファイナリスト
NO.2
甲斐晴菜さん


是非投票よろしくです★
http://misscolle.com/misssaitama2014/vote