幼獣マメシバ 望郷篇 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

シリーズ最大級のスケール(笑)。予想外のテーマに参戦!?


2014年9月20日公開
監督:亀井亨 出演:佐藤二朗・高橋洋・竹富聖花 他


【賛否両論チェック】
賛:一郎の可愛さと、二郎のゆるさに癒されること間違いなし。世界観が気に入れば、笑いのツボが満載。
否:物語そのものはかなりグダグダで単調なので、犬好きでなければ厳しい。ツッコミどころを挙げればキリがないのも難点か。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 自由奔放なマメシバと中年ニートが繰り広げるドタバタコメディー、まさかの第4弾です。
 引きこもりを克服し、風に吹かれて旅に出た中年ニート・芝二郎(佐藤二朗)。相棒はもちろん、マメシバの一郎。たどり着いたのは、とある小さな島・鯨露島。実は、以前二郎が引きこもりだった時代、何かにつけ気にかけてくれていた友人・べーちゃん(高橋洋)が、この島で郵便配達の仕事をしているのでした。おまけに彼からの手紙によると、二郎の真似をしてマメシバ・三郎まで飼い始めたとのこと。これは会いに行かねばと、二郎は一郎と共にやってきたのでした。ところが、いざ目的地に到着し、バスを降りようとしたところ、まさかの運賃不足。お得意の屁理屈をこねて、その場をやり過ごそうとする二郎でしたが、なかなか上手く行きません。すると、そこに口を挟んできたのが、何やら怪しげな行商の老婆。老婆は、
「お前さんのこと、雇うよ。」
と言ってバス代を代わりに払うと、二郎に荷物を持たせ、自分は一郎を抱えてさっさと歩き出します。あっけにとられる二郎でしたが。渋々重い荷物を背負って、後を追います。
 大方の予想通り、すぐにバテバテの二郎。しかも中に入っていたのは、大量の道祖神(道の守り神のお地蔵さん)。またまたあっけにとられる二郎をよそに、老婆は神社の境内で、薬草を売り始めます。その法外な値段に、
「ぼったくりもイイところですな。」
と嫌味を言う二郎。ところがこれが一郎のお陰か結構売れ、老婆にも、
「(犬なのに)物売りの才能がある。」
と褒められます。するとそこへ、1人の巫女さん(竹富聖花)がやってきます。彼女は一郎を見るなり、
「・・・三郎ちゃん!?」
と驚きます。彼女いわく、べーちゃんが飼っていたはずの三郎は、いつの間にか〝幸運を呼ぶ”と伝説になっており、しかも3ヶ月も前から行方不明になっているとのこと。おまけに、飼い主だったべーちゃんまでもが行方不明になっている様子で、二郎は「泊まるところがない」とあたふたします。
 やむなく二郎は老婆と共に、捜索を開始。巫女が「1番怪しい」と言っていたのは、今度の村長選挙の有力候補・喜三郎。早速喜三郎の自宅に向かいますが、家から出てきたのは、なんと二郎のかつての知り合いで、昔地上げ屋をやっていた男(宍戸開)。彼は仕事に困り、今は喜三郎の選挙参謀として雇われている身でした。喜三郎陣営も〝三郎伝説”を信じており、三郎の行方を気にかけていました。そんな喜三郎が、やってきた一郎を〝三郎様”だと勘違いし、二郎も宿を得るチャンスだとばかり、
「いかにも、三郎様です。」
とうそぶいてしまったことから、話は更にややこしくなってしまいます。果たして、本物の三郎とベーちゃんはどこに行ってしまったのでしょうか。そして、一郎と二郎の運命はどうなるのでしょうか・・・?
 シリーズ当初は、屁理屈ばっかりのどうしようもない引きこもりだった二郎ちゃんが、引きこもりを完全に克服した今回辺りからは、なんだか全てを達観したような、“余裕”みたいな雰囲気まで醸し出しています。ある意味最強です(笑)。そして一郎は、安定の可愛さです。
 今回はまさかの旅編ということで、テーマもスケールも過去最大級(笑)。過疎化が進む小さな島で、「地方開発の是非」という重いテーマに巻き込まれながらも、あくまでマイペースを貫き通す一郎と二郎がカッコイイです。
 キュートなマメシバに癒されるも良し、二郎ちゃんの言動にクスッと笑うも良し、人間としての幸せな生き方を考えるも良しの、オールマイティーなタイプの映画です。


【ワンチャン・ポイント】
※竹富聖花さん・・・本作では、べーちゃんと恋に落ちる巫女さん役です。ちょいちょいいろんな映画に出てらっしゃる方で、少し前だと「ギャルバサラ ~戦国時代は圏外です~」で有村架純さんと共演されたり、最近では「1/11 じゅういちぶんのいち」の女子サッカー選手役や、「ホットロード」の主人公の親友役など、物語のキーパーソーンとして活躍されています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>B


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス埼大2014ファイナリスト
NO.2
甲斐晴菜さん


是非投票よろしくです★

http://misscolle.com/misssaitama2014/vote