ゲッタウェイ スーパースネーク | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ノンストップで息切れ必至。ド派手すぎるリアルカーアクション!!


2014年9月20日公開
監督:コートニー・ソロモン 出演:イーサン・ホーク セレーナ・ゴメス 他


【賛否両論チェック】
賛:有無を言わさぬ怒涛のカーアクションの連続。文句なく、深く考えずに観られる作品。
否:ほぼひたすらカーアクションが続くので、かなり疲れるし、人によっては乗り物酔いしそう。終わり方も賛否両論か。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・カーアクションメッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 元カーレーサーが、拉致された妻を救うために疾走します。主演はイーサン・ホーク。
 物語の舞台は、クリスマス間近のブルガリア。自らの留守中、自宅にいた妻を拉致されたマグナ・ブレント(イーサン・ホーク)は、犯人に指示された通り、指定の駐車場に停まっていたスーパーカー・通称“スーパースネーク”を奪うと、警備を振り切って逃走します。実はブレントは、元スゴ腕のカーレーサー。しかし今は落ちぶれ、色々と汚い仕事にも手を染めていました。そんな時、最愛の人・リアンと出逢い、足を洗ってやり直していた直後の出来事でした。
 車は改造されており、防弾仕様になっている一方で、いくつものカメラが装備され、車内・車外の様子が、すべて監視されていました。犯人の要求は、
「これから与える課題を、全てクリアすること。失敗したり通報したり捕まったりすれば、妻の命はない。」
というものでした。妻をどうしても救いたいブレントは、その要求を飲みます。まず第1の指令は、
「クリスマスの縁日が出ている広場に突っ込み、全てを破壊しろ。」
というもの。一歩間違えば大勢を巻き込んだ大惨事になるこの指令を、ブレントは抜群のテクニックで、なんとか切り抜けます。
 ところが、ここで予期せぬ出来事が発生。車の持ち主の少女(セレーナ・ゴメス)が、偽の警官に車の場所を知らされ、拳銃を片手に乗り込んできたのでした。焦りつつも少女と対峙するブレントでしたが、ここで犯人は、
「彼女を人質にして、課題を続けろ。」
と指示。そして第2の課題が。
「警察車両が多数到着するから、4分以内に巻け。」
始めは車を盗まれた怒りで一杯だった少女も、状況を理解するにつれ、次第に作戦面でブレントをバックアップするようになっていきます。果たして、犯人の目的は一体何なのか。そして絶体絶命の2人に、逆転の秘策はあるのでしょうか・・・?
 よく「息もつかせぬアクション」という表現を耳にしますが、本作はまさにそれです(笑)。冒頭からいきなりのカーチェイスで、一気に世界観に引き込まれます。全編通してほとんど走っている印象で、その凄まじさたるや、平均45秒に車が1台大破するというスゴさです。なので、上映時間は短めですが、終わった時にはかなり息切れすると思います(笑)。車酔いしやすい方なんかには、もしかしたら不向きかもしれません。
 倫理的に問題はあるかとは思いますが、ブレントのドライビングテクニックと少女の頭脳が合わさった時、最強のコンビが誕生。犯人の裏をかく反撃は、まさに痛快の一言に尽きます。
 あれこれ深く考えずに、スカッとしたい時に、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※セレーナ・ゴメス・・・言わずと知れた、人気若手女優さん。本作では、男勝りの謎めいた少女役。最後まで名前は分かりません(笑)。最近の映画では、「スプリング・ブレイカーズ」なんかに出てらっしゃいましたね。ゴシップ関係でも名前が挙がる方なので、公私共に今後も期待です(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス國學院2014ファイナリスト
NO.3
小浜絵里花さん


是非投票よろしくです★

http://misscolle.com/misskokugakuin2014/vote