攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

行きすぎた情報化社会の危険性、肌で感じる作品。


2014年9月6日公開
監督:工藤進・竹内敦志 出演(声):坂本真綾・塾一久 他


【賛否両論チェック】
賛:息もつかせぬ電脳線の連続に、手に汗握る。時間も短めなので、それほど抵抗なく観られそう。
否:前作までを知らないと、訳が分からなくなること請け合い。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 近未来の情報化社会を舞台に、サイボーグ達が活躍するアニメの新映画化・第4弾です。
 主人公は、全身サイボーグの草薙素子。国民の反対の中、国内屈指の大企業・ハリマダラ重工業は、クザン共和国との水の売買取引を締結します。そんな発表会場の周辺一帯を巻き込み、大規模なゴースト・ハックが発生。操られた機動隊員らによる、無差別発砲事件が起きてしまいます。その最中、素子は会場内に潜入。一連のハッキングの実行犯が、クザン共和国側の代表・サイードだと見抜き、演説中のサイードを射殺します。
 素子は混乱に乗じて脱出しますが、表にいたのは全身義体の少女、ツダ・エマ。突然狙撃されかかったエマを、素子達は保護します。果たして彼女は何者なのか。そして、今回の事件の真相は、どこにあるのでしょうか・・・?
 世界観はかなり分かりにくいので、前作までの知識は必須です。電脳線のシーンは結構理解に頭を使うので、ちょっと疲れるかもしれません。
 敢えて観てみるというよりは、元々作品の世界観を知っていて、尚且つ好きな人向けといった感じの映画です。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス埼大2014ファイナリスト
NO.2
甲斐晴菜さん


是非投票よろしくです★

http://misscolle.com/misssaitama2014/vote