悪魔は誰だ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

予定調和の展開と、予想外の真実。子を想う哀しき親心の悲劇。


2014年9月13日公開
監督:チョン・グンソプ 出演:キム・サンギョン オム・ジョンファ 他


【賛否両論チェック】
賛:途中で出てくる数々の意味深な描写が、ラストで全て1つにつながる様が見事。予想を遥かに超える意外な真相も圧巻。
否:ちょっと都合が良すぎる展開もあり、やや現実的ではないか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・死亡シーンあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖いかも


 韓国映画です。時効を迎えた少女誘拐殺人事件と、新たに起きた誘拐事件の真相に迫ります。
 とあるアパートで暮らす1人の女性、ヨン・ハギョンの下を、刑事のオ・チョンホとその同僚が尋ねます。2人の訪問の目的は、時効の宣告。実はハギョンは、15年前に我が子を誘拐・殺害されており、当時から事件の捜査に当たっていたのが、チョンホ達だったのでした。公訴時効までは後5日。その後もチョンホは必死に事件を追いますが、時効は刻一刻と迫っていました。
 そんな中、15年前の殺害現場を訪れたチョンホは、現場に一輪の花が手向けられているのに気が付きます。ハギョンに確認を取りますが、現場には行っていないとのこと。すぐに犯人からの花だと直感したチョンホは、現場近くの監視カメラを分析。花を置く不審な男の姿を発見します。やがて、犯人の車の車種が判明。そして、時効まで9時間と迫ったその日、チョンホは市場で、遂に犯人の後ろ姿を視界に捉えます。ところが、男は突然逃走。必死に追跡を試みますが、後一歩のところで逃げられてしまいます。その夜、無情にも時効は成立。犯人を逮捕出来なかったチョンホは警察を辞職し、自堕落な生活に入り浸ってしまいます。一方のハギョンは、ふとしたきっかけから、犯人につながる手がかりを発見。真相を知りたい一心で、独自に調査を進め始めます。
 そんな中、新たな少女誘拐事件が発生。誘拐されたのは、市内に住む老人、ハン・チョルの孫娘。2人で公園で遊んでいた時、チョルがふと目を離した隙に、誘拐されてしまいます。警察も早速捜査を開始しますが、犯人の巧妙な手口に、次々と裏をかかれてしまいます。やがて捜査班は、この事件の手口が、15年前の誘拐殺人事件と酷似していることに気付き、チョンホに連絡を取ります。果たしてチョンホは、今度こそ犯人を逮捕することが出来るのでしょうか。しかしそこには、思いもよらぬ意外な真相が、隠されていたのでした・・・。
 前置きもなく、冒頭から割とサクサク物語に引き込まれる感覚が、個人的には好きです(笑)。途中で意味ありげな描写が結構出てきますが、それらが全て伏線になっていて、最後の最後でキレイにつながり、驚かされます。展開はある程度、「こうなりそうだなぁ・・・」と思った通りに進んだり、「いやいや、それは都合良すぎるでしょ・・・」なんて思ってしまうシーンもありますが、真実はそのさらに上を行く感じで、思わず納得してしまいます。あまり言ってしまうとネタバレになりますので、詳しくは実際にご覧下さい(笑)。
 子供を守ろうとするが故の哀しき親心が生んだ、悲劇の連鎖です。是非チェックしてみて下さい。


【ワンチャン・ポイント】
※今回はお休みです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/  


【追記】
縁あって応援することになりました♪


ミス清泉2014ファイナリスト
NO.4
稲葉理穂さん


是非投票よろしくです★

http://misscolle.com/missseisen2014/vote