テロ,ライブ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

刻一刻と変わる状況に、息詰まるサスペンス。


2014年8月30日公開
監督:キム・ビョンウ 出演:ハ・ジョンウ イ・ギョンヨン 他


【賛否両論チェック】
賛:主人公と犯人の現在進行形の攻防に、ハラハラドキドキすること必至。グロシーンが控え目なのも嬉しい。
否:設定こそ面白いが、やや展開に無理があるか。現実味はあまりない。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 閑職に追いやられたキャスターがテロ事件に巻き込まれる、ノンストップの韓国映画です。
 主人公のユン・ヨンファは、テレビ局のアナウンサー。しかし、今はテレビからは干されてしまい、地味なラジオ部門を担当させられていました。その日もヨンファはいつものように、リスナーと電話で討論する番組を収録中で、建設作業員や主婦からの電話に、いつものように受け答えをしていました。ところが、何故か急に、建設作業員との電話を切ることが出来なくなると、作業員の男は奇妙なことを言い出します。
「自分の主張が聞き入れられなければ、街の大橋を爆破する。」
始めはイタズラだと相手にしなかったヨンファでしたが、その直後、テレビ局の近くの大橋で大きな爆発が起き、電話の相手が本気のテロリストだと知ります。
 スタッフはすぐに警察に通報しようとしますが、“犯人とリアルタイムで通話”という一大スクープを、出世のためのチャンスだと考えたヨンファは、通報を止めさせ、局長にかけ合います。局長も渋々これを了承し、ヨンファをキャスターとして、緊急のテレビ放送を開始。かくして、犯人と生放送で通話するという、前代未聞の報道番組が幕を開けるのでした。
 犯人は自らを、「大橋の建設工事と改修工事に携わった作業員」だと名乗り、「政府の無理な行程のせいで3人の死者が出たのに、救助にも来ず、謝罪も補償もなかった」として、大橋に取り残された市民を人質に、大統領自らの謝罪を要求します。難色を示すヨンファでしたが、実はヨンファの耳のイヤホンにも爆弾が仕掛けられているとのこと。加えて、大橋の現場には、取材に出ていたヨンファの元妻も取り残されており、ヨンファは次第に追い込まれていきます。その上、大統領サイドからは、
「政府はテロリストとは一切交渉しない。」
とはねつけられ、理不尽な上司からは、
「人質よりも視聴率を考え、犯人を刺激して爆破させろ。」
と圧力をかけられ、ヨンファは苦渋の選択を迫られます。果たして彼の運命は。そして、恐るべきテロリストの正体とは・・・?
 冒頭から息もつかせない怒濤の展開で、一気に引き込まれます。始めは自分のことしか考えていなかった主人公が、テロリストとの鬼気迫るやり取りの中で、保身に走る組織や人間の醜い姿を目の当たりにして徐々に変わっていく様が、刻々と描かれていきます。終わり方は好みが分かれそうですが、個人的には割と納得のいく感じでした。
 「警察は何してるの!?」
っていうツッコミはあるかと思いますが(笑)、グロシーンもさほどないので、緊迫感のある映画でハラハラしたい方には、是非オススメです。


【ワンチャン・ポイント】
※ハ・ジョンウ・・・本作の主演。韓国映画を観たことある方なら、「どっかで観たことあるような・・・?」ってなりそうな方です(笑)。最近では「哀しき獣」の殺人犯や、「ベルリンファイル」のエージェント役など、サスペンス映画でかなり活躍をされています。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/


【追記】
縁あって応援することになりました♪

ミスキャンパス埼大2014ファイナリスト

NO.2
甲斐晴菜さん

是非投票よろしくです★

http://misscolle.com/misssaitama2014/vote