プレーンズ2 ファイアー&レスキュー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

スケールはややダウン、それでも感動を呼ぶアトラクションムービー!!


2014年7月19日公開
監督:ロバート・ガナウェイ 出演(声):瑛太・近藤春菜(ハリセンボン) 他


【賛否両論チェック】
賛:自分のために頑張ってきた主人公が、今度は誰かを守るために奮闘。消防士がテーマなのも、子供の情操教育にとってもイイ。
否:前作の知識は必要。ある程度予定調和で収まってしまうのはご愛嬌か。大人にはやや物足りない感もあり。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・火事のシーンは小さい子には少し怖いかも


 あのカーズの飛行機版「プレーンズ」、その第2弾です。吹き替えの主演は、前作に引き続き瑛太さんです。
 前作で、世界1周レースのチャンピオンとなり、一躍時の人となった農薬散布飛行機のダスティ。その後もいろんなレースで優勝し、押しも押されもしないスターになっていました。そんなダスティてしたが、ある日の地元での飛行中、トップスピードに達したその瞬間にエンジンが停止し、危うく墜落しそうになってしまいます。精密な検査の結果は、ギアボックスの損傷。しかもダスティのギアボックスは、型が古すぎて製造中止になっており、自前で作るのも不可能。「今後はフルスピードでの飛行は無理」とのこと。それは即ち、レーサーとしてのダスティの終えんを意味していました。
 現実を受け入れられないダスティは、地元の夜の空を単独で飛行し、トップスピードに挑戦しますが、あえなく失敗。おまけに着陸にも失敗し、滑走路でボヤ騒ぎを起こしてしまいます。すぐに消防車のメーデーが駆けつけ、火は間もなく消しとめられますが、その装備の老朽化を重く見た当局の指導により、設備が整うまで滑走路の閉鎖を余儀なくされてしまいます。
 タイミングの悪いことに、季節は間もなく地元のお祭りのシーズン。滑走路が使えなければ、大事なお祭りも開催することが出来ません。そこで、自分の起こした事故に責任を感じていたダスティは、自ら消防隊員になることを志願し、訓練場所の国立公園へとやってきます。そこで彼を待っていたのは、救助ヘリのブレード率いる消火部隊“ブレード・レンジャー”。個性的な面々がそろう中、ダスティは消防士になるべく、訓練に励むのでしたが・・・。
 前作では、「レーサーになる」という自分の夢を叶えるために頑張った」ダスティが、今度は誰かの命を守るために一生懸命になる姿は、子供向けとはいえ感動を呼びます。冒頭の「全ての消防士に贈る」というメッセージも、粋でステキですね。展開は先読みが出来てしまうような単純明快なストーリーですが、それもまたお子様には分かりやすくてイイですね。
 前作の知識があるとより楽しめるので、まだの方は是非前作を観てから、ご覧になるのをオススメします。


【ワンチャン・ポイント】
※ハリセンボン・・・今回のヒロイン・ディッパー役、「誰だろう・・・?」と思いながら観ていると、なんとエンドロールで出てくるのは、「近藤春菜」さんの文字!?なかなかハスキーで、なかなかイイ味出してます(笑)。ややチョイ役ですが、箕輪はるかさんも出ていらっしゃるので、是非そちらもご注目を。


オススメジャンル&オススメ度・・・<家族で観たい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/