宇宙兄弟#0 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

「命」を語る、笑って泣けるエピソード0。


2014年8月9日公開
監督:渡辺歩 出演(声):平田広明・KENN 他


【賛否両論チェック】
賛:コミカルなストーリーの中にも、「生と死」をしっかりと描いている。情操教育にもとってもイイ。
否:ちょっぴり説教臭いのはご愛嬌か。展開もある程度は読めてしまう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 人気コミックで実写映画化もされた「宇宙兄弟」の、原点を描いたアニメ映画です。
 かつて幼い頃、共に宇宙飛行士になる約束を交わした、兄・六太と弟・日々人。現在、日々人は夢を叶え、NASAで訓練に明け暮れていました。一方の六太は、自動車会社の企画開発部にいましたが、その突拍子もない発想が周りに受け入れられず、空回りの毎日を過ごしていました。日々人達を教える教官は、伝説の宇宙飛行士の兄弟、エディ・ジェイとブライアン・ジェイ。中でもブライアンは日々人の才能にいち早く気が付き、何かと目をかけて指導をしていきます。
 一方の六太は、上司の肩たたきに遭い、梅茶菓村という田舎町の販売店に左遷させられてしまいます。何もない景色や、やる気のない社員達に囲まれ、すっかり参ってしまう六太でしたが、村に住む“海老じい”のトラクターの修理を引き受けたことから、少しずつ仕事に夢中になっていきます。
 その頃日々人は、ブライアンのバックアップ(本人に何かあった際の補欠)に指名され、かなりの重圧を感じていました。
「彼にはまだ早いのでは・・・?」
という周囲の心配通り、日々人は上手いことリーダーシップを発揮することが出来ません。それでもブライアンは、日々人を信頼し、優しい言葉をかけてくれるのでした。やがてミッションの日がやって来て、ブライアンは一路月へと飛び立つのでしたが・・・。
 一連の「宇宙兄弟」シリーズに続くエピソード0ということで、とっても新鮮なストーリーです。なので、最悪予備知識がなくても大丈夫そうです。小ネタはかなり豊富で、お茶の間のテレビで「しゃべ○り007」らしきものが流れていたり、お父さんが突然ムーンウォークを始めたりなど、思わずクスッとしてしまいます(笑)。そんな笑いの中にも、「命」を取り巻く人間模様がしっかり描かれているので、お子様の情操教育なんかにもとってもイイと思います。
 時間も割と短めなので、感動と笑いで元気になりたい皆さんに、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<家族で観たい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/