バトルフロント | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

子供のケンカに親が出て・・・こうなりました(笑)。


2014年8月9日公開
監督:ゲイリー・フレダー 出演:ジェイソン・ステイサム ジェームズ・フランコ 他


【賛否両論チェック】
賛:理不尽な暴力に決して屈することなく、逆に叩きのめしていく主人公が痛快。ジェイソン・ステイサムの華麗なアクションも、安定のカッコよさ。
否:ある程度展開が先読み出来てしまうのが、たまに傷。似たような登場人物も多いので、気をつけないと混乱するかも。


ラブシーン・・・あり
グロシーン・・・殺害シーン・拷問シーンなどあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・少しだけあり


 シルベスター・スタローンによる製作・脚本が、ジェイソン・ステイサム主演によって映画化された作品です。
 2年前、インターポールの麻薬捜査官だった主人公・ブローカー(ジェイソン・ステイサム)。大物ギャングのダニーTの組織に潜入し、麻薬製造場所に出入りするまでに至り、ある夜突入作戦が決行されます。しかし、肝心のボスのダニーTとその息子は、工場を爆破して逃走。ブローカーが取り押さえますが、周りの警官達が息子を射殺してしまいます。やりきれなさを感じたブローカーは捜査官を辞め、家族と新しい生活を送ることを決めます。
 そして舞台は現在。妻は前の年に他界し、娘のマディと2人になったブローカーは、妻の生まれ故郷であるルイジアナの田舎町に引っ越していました。しかし、よそ者であるブローカーとマディに、街の人達はどこかよそよそしい印象。そんな中、マディが学校でイジメっ子のテディの挑発に遭い、ブローカー仕込みの護身術で、彼をボコボコにしてしまいます。このテディの母親・キャシーが、薬漬けのモンスターペアレントだったからさあ大変。学校に呼び出されたブローカーは、
「どうしてくれるのよ!!」
食ってかかるキャシーを受け流していましたが、キャシーにけしかけられた夫が殴りかかってくると、思わず投げ飛ばしてしまいます。ブチ切れたキャシーは、兄で街の麻薬密売を牛耳るギャング・ゲイター(ジェームズ・フランコ)に、
「あいつ、やっちゃってよ!!」
と頼みこみます。
 最初は乗り気ではなかったゲイターでしたが、渋々忍び込んだブローカーの家で、彼の過去の資料を発見。ブローカーの素性を知ったゲイターは、息子の復讐に燃えるダニーTに彼の居場所を伝え、その見返りに麻薬の販売網を確保してもらおうと画策します。一方、ブローカーも黙ってはいません。ガソリンスタンドでゲイターの手下達に絡まれたブローカーは、逆にこれを返り討ちにし、彼らの情報を集めます。やがて、ゲイターの存在と企みを知ったブローカーは、彼の下を訪れ、
「俺と娘に近づくな。」
と警告します。しかし、ゲイターはダニーTとの接触に成功。ダニーTの手の者達が、街に迫っていたのでした・・・。
 さすがジェイソン・ステイサム、カッコよさは折り紙つきです(笑)。静かな幸せを願いながらも、家族を守るために辛い過去に立ち戻っていく父親の姿が、切なくもあり頼もしくもあります。
 展開はよくある感じで、「次はこうなりそうだなぁ・・・」とある程度読めてしまう感じではありますが、純粋にアクションを堪能することも出来る作品です。あまり気負いせずに映画を観たい方に、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/