るろうに剣心 京都大火編 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

息もつかせぬ怒濤の展開。後半に期待大。


2014年8月1日公開
監督:大友啓史 出演:佐藤健・武井咲・藤原竜也 他


【賛否両論チェック】
賛:空前のスケールのアクションに酔いしれる。原作の世界観を活かしつつ、新しい“るろ剣”を確立。
否:いかんせん長くて疲れる。何かしらの前知識も必要。若干のグロシーンも多数あり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・惨殺シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・志々雄一派のシーンはかなり怖い


 あの人気コミックの実写映画化、第2弾です。主演はもちろん、佐藤健さん。
 舞台は明治維新直後。幕末の動乱期に、伝説の刺客“人斬り抜刀斎”として恐れられた、主人公・緋村剣心(佐藤健)。今は不殺生の誓いを立て、切れない刀“逆刃刀”に持ち替えた剣心は、神谷薫(武井咲)が師範代を務める、東京の神谷活心流の道場に居候をしていました。そんな剣心の下に、大久保利通(宮沢和史)の使いがやってきます。大久保によると、かつて剣心が刀を置いた後、彼の後継者として刺客を務めていた男・志々雄真実(藤原竜也)が、京都で暗躍しているとのこと。志々雄は、維新政府の裏切りによって斬り殺され、体に火までつけられて、闇に葬り去られたはずでした。しかし、奇跡的に生き延びた志々雄は、国を乗っ取るべく、一大兵力を形成していたのでした。そんな志々雄に差し向けた討伐隊は、ことごとく殲滅されてしまい、打つ手に困った維新政府は、剣心に白羽の矢を立てたのでした。
 「今さら剣心を利用しようなんて、許せない!!」
と、剣心の仲間達は怒り心頭。しかし当の剣心は、自分が刀を置いたことが原因で、志々雄という存在が生まれたことに、責任を感じていました。そんな中、志々雄の懐刀・瀬田宗次郎(神木隆之介)によって、大久保が暗殺されてしまいます。これ以上犠牲者を出すわけにはいかないと感じた剣心は、仲間達に別れを告げ、単身京都へと向かいます。
 途中、元公儀お庭番衆の忍び・巻町操と出逢った剣心でしたが、その直後、助けを求める少年に遭遇します。近くでは、少年の兄が瀕死の重傷を負っていました。間もなく息を引き取った兄を看取った剣心達は、兄弟の村へ。村は志々雄一派に占拠されており、兄弟の両親も処刑されてしまっていました。絶叫する少年に代わり、圧倒的な強さで志々雄の手勢を打ち倒す剣心。そしてついに、剣心と志々雄が対峙する瞬間がやってくるのでしたが・・・。
 アクションも世界観も、スケールは前作から飛躍的にアップしています。次から次へと押し寄せる怒濤の展開に、ハラハラドキドキの連続です。ただ、時間は2時間半とかなり長くて、しかも後編に続きます(笑)。原作なりアニメ版なり前作なり、何かしらの知識があった方がイイのもネックかと。
 それにしても、佐藤健さんや藤原竜也さんの迫真の演技には、思わず圧倒されること間違いなしです。グロシーンも結構ありますが、壮大なアクションエンターテイメントに仕上がっていますので、是非ご覧になってみて下さい。
 ちなみに、意外な方もラストで出演されていますので、そちらもお見逃しのないように(笑)。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/