幕末高校生 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ありがちだけど心に響く。歴史を動かす幕末スペクタクル!!

 

2014年7月26日公開
監督:李闘士男 出演:石原さとみ・玉木宏・川口春奈 他

 

 

【賛否両論チェック】
賛:主人公と勝海舟の性格のリンクが見事。一大事を前にして、少しずつ成長していく様に心動かされる。
否:タイムスリップの過程は、無理矢理感が半端なく、ツッコミ始めるとキリがない。内容的にもありがち。

 

ラブシーン・・・ほんの少しだけあり
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし

 

 

 「テルマエ・ロマエⅡ」「青天の霹靂」と、今年もタイムスリップ物がある中、今度は教師と生徒が幕末にタイムスリップしました。主演は石原さとみさん。
 

 主人公・未香子(石原さとみ)は、やる気ばかりが空回りしてしまう高校教師。生徒からは小馬鹿にされ、進路指導も上手く行きません。ある日の日本史のテストの時間、生徒の1人・雅也(柄本時生)が、カンニングをしようとダウンロードしたスマートフォンの歴史アプリが原因で、未香子と雅也、そして雅也の友人の慎太郎(千葉雄大)と恵理(川口春奈)の4人が、本当の幕末へとタイムスリップしてしまいます。しかも、飛んだ日時は4人ともバラバラ。運悪く役人に捕まった未香子と雅也は、奉行所で取り調べを受けることになってしまいます。
 

 折しも、時は幕末。西郷隆盛(佐藤浩市)率いる薩長軍が、幕府に総攻撃をかけるべく、江戸へ向かっているところでした。と、未香子と雅也の取り調べにたまたま顔を出したのが、歴史上では西郷との話し合いで江戸無血開城を実現した強者・勝海舟(玉木宏)でした。未香子はこれ幸いとばかりに、勝のことを誉めちぎり、おだてられた勝も、ついつい2人の身元を預かってしまいます。勝は、「未来から来た」という2人の言い分を鼻で笑いますが、たまたまイイタイミングでタイムスリップしてきた未香子の車を見たことで、2人のことを信じるようになります。
 

 ところがこの勝海舟。どうも歴史上のイメージとは勝手が違います。刺客に出くわすと一目散に逃げ出すし、どんな陰口を叩かれても知らんぷり、自分から何か行動を起こすわけでもなく、ブラブラするばかりです。そんな勝を見透かしたかのように、歴史は徐々に誤った方向へと進み始め、幕府は決戦に向けた軍備拡張を着々と進めます。実はこの、歴史が狂い始めた背景には、一緒にタイムスリップしてきた慎太郎と恵理が深く関わっているのでした・・・。
 

 まず、未香子と勝海舟の対比がステキです。かたや、一生懸命やっているようでいて、実は何も実になっていない未香子。かたや、一見何もせずに周りから馬鹿にされてはいても、実は決して揺るがない強い信念を持っている勝海舟。それでもどこか似た者同士の2人が、お互いの生き方に感化され、少しずつ前に進んでいく様子が、非常に感慨深いです。
 

 一方で、設定や展開はかなりありがちで、「こうなるかなぁ?」って思った通りに話が進みます。タイムスリップ自体も、結構無理がある感じではありますね(笑)。とはいえ、ラストの大立ち回りは迫力ありです。


 平凡と非凡がほどよくミックスされた物語です。自分を変えたい皆さんに、是非オススメです。

 

オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>