思い出のマーニー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

夢と現実が交差する、ひと夏の成長物語。


2014年7月19日公開
監督:米林宏昌 出演:高月彩良・有村架純・松嶋菜々子 他


【賛否両論チェック】
賛:不思議な体験を通して、主人公が少し成長していく様子に感動。長さもちょうどイイ。
否:ファンタジー要素が強いので、好みはかなり分かれそう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・見方によっては少し怖いかも


 ジブリ最新作です。声による主演は、高月彩良さんと有村架純さんです。
 主人公・杏奈(高月彩良)は、都会で暮らす中学1年生。元々引っ込み思案な彼女は、周りの友達にも環境にも馴染めずにいました。杏奈の本当の両親は既に亡くなっており、彼女は親戚の頼子(松嶋菜々子)の家で育てられていましたが、頼子の過保護な子育てにも、杏奈は違和感を感じていました。そんな時、ストレスからか杏奈の持病のぜんそくが悪化。杏奈は主治医の勧めにより、田舎に住む親戚の家で、夏休みを過ごすことになります。
 着いてみると、そこは海辺の静かな田舎町。おじさんとおばさんも優しく、杏奈は伸び伸びと過ごします。そんな杏奈はふと、港の入り江に古びた洋館があることに気がつきます。そこはかなり廃れており、今は誰も住んでいないようでした。ところが、ふとその場で寝てしまった杏奈が目を覚ますと、潮が満ちてしまっており、帰れなくなってしまっていました。焦る杏奈は、たまたまボートで通りかかった無口な老人に助けられます。その日の夜、彼女は奇妙な夢を見ます。例の洋館の2階に明かりが灯っており、その部屋の中で1人の金髪の少女が、老婆に髪をとかされている夢でした。
 数日後、半ば強引に誘われた七夕のお祭りで、杏奈は他の女の子とケンカをしてしまい、入り江まで走って逃げ帰ってきます。するとそこには、誰かが乗ってきたばかりのような、1隻のボートが。好奇心に駆られた杏奈が、ボートを洋館に向かって漕ぎ出すと、誰もいなかったはずの洋館に明かりが灯り、1人の少女が出迎えます。“マーニー”という名のその少女と、杏奈はすぐに仲良くなります。そしてその日から、2人の秘密だけの幸せな日々が始まるのでした・・・。
 最初は他人と会話もままならなかった杏奈が、マーニーと出逢ってから少しずつ変わっていき、後半では大分しっかりしていく様子が、巧みに描かれています。
「私は・・・私が嫌い。」
と閉ざされていた杏奈の心を、幾重にも優しく包み込むマーニーを始めとする登場人物達が、とってもステキです。そして、最後に明かされる哀しくも温かい真実にも、思わず感動です。
 ストーリー自体はかなりファンタジー要素が強くて、現実的な映画が好きな人には敬遠されそうですが、デートでも家族でも安心して観られる万能型映画です。この夏、是非映画館でご覧下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/