青鬼 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

意味深なラスト。軽ーく観られるスプラッターホラー。


2014年7月5日公開
監督:小林大介 出演:入山杏奈・須賀健太・陣内将 他


【賛否両論チェック】
賛:時間も短く、内容も簡潔なので、あれこれ考えることなく観られる。その割に、1本取られる意味深な終わり方もステキ。
否:ツッコミ出したらキリがない内容。設定にも結構無理があるかも。グロシーンもあり。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・結構あり
アクションシーン・・・一応あり
怖シーン・・・急に驚かせるシーンが多数あり


 人気の脱出型無料ゲームが実写映画化されました。主演はAKB48の入山杏奈さん。
 主人公・杏奈(入山杏奈)には、2歳違いの弟・直樹がいましたが、自殺によって亡くしていました。最近杏奈は、いじめられっ子のシュン(須賀健太)と、彼が作った脱出ゲームで遊ぶことが多くなっていました。弟に似た面影を持つシュンに、杏奈はいつしか心を寄せるようになっていました。
 そんなある日、シュンは不良の卓郎(陣内将)に連れられ、卓郎の仲間の美香・タケシと共に、卓郎の家が所有する怪しげな建物へ。勝手に敷地に入っていた、昆虫マニアのヒロシも加わり、彼等は建物の中へと入っていきます。そして何故かその後を追ってきた杏奈も、建物へ入ります。窓も出口もない怪しげなその建物の中で、卓郎は他の面々を待たせたまま、何やら作業を始めます。
 ところが建物には、彼等以外にも“何か”がいる気配。タケシは怪しげな影を目撃し、美香は壁の隙間から、巨大な目玉を見てしまいます。徐々に不気味な影は近くなってきて、ついにタケシが喰い殺されてしまいます。パニックになる面々。必死に出口を探す中で、とうとうその“何か”が姿を現すのでした。果たして杏奈は、何故彼らを追ってきたのか。卓郎の目的は何なのか。そして彼等は、無事に建物から逃げ出すことが出来るのでしょうか・・・・。
 さすがゲームが原作というだけあって、若干設定に無理があるものの、ストーリーは単純かつ分かりやすいので、何も考えずに観られます。それでいて、意外な真相に1本取られるのもイイですね(笑)。
 急に驚かせるシーンは多いので、苦手な人には不向きかとは思いますが、ちょっとハラハラしたい時に最適な作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/