渇き。 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

確かに理性はぶっ飛ばされる。ハイスピード・バイオレンスムービー!!


2014年6月27日公開
監督:中島哲也 出演:役所広司・小松茉奈・妻夫木聡 他


【賛否両論チェック】
賛:容赦ない展開に打ちのめされながらも、因果応報な内容には、不思議と爽快感があり。意表を突かれるラストも見事。キャストもかなり豪華。
否:当然ながら、メチャメチャグロい。展開もかなりハイスピードなので、ついていけないと疲れてしまうかも。


ラブシーン・・・過激なシーンが結構あり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気はかなり怖い


 賛否両論を巻き起こした「告白」の監督が作り上げた、またしても賛否両論間違いなしの作品です。主演は役所広司さん。
 物語は、現在と3年前を行き来する形で進みます。とあるコンビニで、3人が惨殺される事件が発生。第一発見者の藤島(役所広司)は、地元の元刑事。昨年、妻の浮気相手に瀕死の重傷を負わせ、退職。今は家族とも別居して、しがない警備員の仕事をしていました。そんな彼の下に、妻からの電話が。一人娘の加奈子が、行方不明になったとのこと。事情を聞きにいった藤島は、娘の部屋から覚せい剤を発見し、自ら娘を探すことを決めます。
 藤島と妻の中では、真面目で大人しいイメージしかなかった加奈子。しかし、加奈子の友人(橋本愛)や、過去の担任(中谷美紀)に話を聞くうちに、加奈子が実はかなりヤバい人間達と関係していたことが、次第に明らかになっていきます。
 一方、話は遡り、3年前。中学校で執拗なイジメにあっていた少年〝ボク”。彼は、学校一の人気者だった加奈子に、密かな恋心を抱いていました。そんなある日、彼に対する周りの扱いが、突然ガラッと変わります。どうやら、ヤクザともつながっているヤバい生徒が、〝ボク”をイジめていた少年を半殺しにした様子。それを指示したのが加奈子だと知った〝ボク”は、さらに加奈子に惹かれていきます。そして彼女に誘われるがまま、とあるパーティーに参加します。しかしそこには、思いもよらぬ罠が待ち構えていたのでした・・・。
 一言でいうと、「因果応報」っていう印象です。最初は良いイメージしかなかった、才色兼備の加奈子。次第にその裏の顔が明らかになるにつれ、彼女を取り巻く悪い人間達や、彼女に惑わされて自ら破滅していく者達の愚かさが、これでもかと描かれていきます。一見なんだか訳の分からないシーンが、最後で綺麗につながるのも見事です。
 描写はメチャメチャグロくて、油断していると吐き気がしそうですが、その辺は覚悟して観て下さい。
加奈子が言う、
「落ちた穴が深すぎて、ずっとずっと落ちていく感じ。」
という言葉が全てを物語るような、そんな映画です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/