聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

気に入るかはその人次第。往年の人気作、最新のリメイク。


2014年6月21日公開
監督:さとうけいいち 出演(声):石川界人・佐々木彩夏・赤羽根健治 他


【賛否両論チェック】
賛:主人公が、行く道に待ち構えている敵との戦いを通して強くなっていく様は、まるでRPGのよう。原作を知らなくても、なんとか分かりそう。
否:やはり世界観は、好みが分かれそう。ご都合主義な展開はご愛敬か。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・格闘シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・ラスボスの雰囲気は少し怖いかも


 往年の人気作が、CGアニメでリメイクされました。
 古代より、戦いの女神・アテナの守護者として、自らの内にある小宇宙(コスモ)を燃やし、星座の聖衣(クロス)を纏って戦ってきた戦士・セイント。日本の財閥の会長・城戸(大杉漣)が、かつてヒマラヤの奥地で見つけた赤ん坊にも、そうした力が宿っていました。
 時は現代。成長した赤ん坊の名前は、城戸沙織(佐々木彩夏)。実は彼女は、女神・アテナの力を持つ者。本来であれば、聖域(サンクチュアリ)と呼ばれる星にいるべき者でしたが、教皇が聖域の乗っ取りを画策したため、それに気づいた側近のゴールドセイントの1人・アイオロスによって救い出され、地球へとやってきたのでした。しかし、偽物のアテネを祭り上げ、自らが聖域を支配していた教皇が、沙織の存在に気付き、刺客を送り込んできます。危うい所の沙織を救ったのは、ペガサス星矢を始めとする、ブロンズセイント達でした。彼等は城戸会長によって集められ、幼い頃からこの日のために、厳しい修行を積んでいたのでした。
 星矢達は、教皇の悪事を暴くために、沙織と共に聖域に行くことを提案。ところが、現実を受け入れられない沙織は、彼等を拒絶してしまいます。そうしている間にも、沙織の下には刺客が押し寄せ、しまいにはゴールドセイントのアイオリアが襲来し、星矢達を圧倒します。とっさにアテナの力を発揮する沙織。それを見たアイオリアは暗殺をやめ、教皇を問いただすべく、その場を去ります。事ここに至りて、ようやく決心がついた沙織は、星矢達と共に聖域へと向かいます。目指すは教皇と偽物のいるアテナの神殿。しかしその前には、12の宮と、そこにいる11人のゴールドセイントが立ちはだかります。果たして星矢達は、無事に沙織を守り抜くことが出来るのでしょうか・・・。
 原作の知識は、もちろんあった方が分かりやすいとは思いますが、なくてもなんとか楽しめそうです。十二宮にズラリと並んだセイントを前に、神殿に向かってひたすら進んでいく様子は、さながらRPGみたいです(笑)。迎え撃つゴールドセイント達も、決して敵対してくるだけではなく、実は味方だったり、話の分かる相手だったりするのも、味があって素敵です。
 後半で主人公が急に強くなりますが、それもまたご愛敬ということで(笑)。戦いの過程で着実に成長していく主人公の姿を通して、観ている方も一緒に強くなれそうな、そんな冒険心をくすぐる作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/