超高速!参勤交代 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

抱腹絶倒、手に汗握る。超高速・時代劇!!(笑)


2014年6月21日公開
監督:本木克英 出演:佐々木蔵之介・深田恭子・伊原剛志 他


【賛否両論チェック】
賛:次から次へと襲いかかる困難を、奇想天外な作戦で乗りきっていく様は、まさに痛快。殺陣シーンも意外と多く、迫力満点。
否:やられそうな直前で助けが入ったりとかは、時代劇特有のややご都合主義的な展開か。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・殺害シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は少しだけ怖い所があるかも


 無理難題を突きつけられた弱小貧乏藩が、知恵と勇気で戦いを挑むお話。「のぼうの城」と同じ、城戸賞という脚本賞を授賞した作品です。
 主人公は、福島のいわきにある、湯長谷(ゆながや)藩という小さな藩の藩主・内藤政酵(まさあつ)(佐々木蔵之介)。おおらかで庶民想いで、誰からも愛される人柄。閉所恐怖症だが抜刀術の達人でした。そんな彼は、江戸での1年の勤めを終え、わずか7人しかいない藩士達と共に、湯長谷に帰郷したばかり。次の1年後の参勤交代まで、のんびりと過ごすはずでした。そこへ、江戸からの使者が駆け込んできます。なんと幕府から、
「今日より5日以内に、参勤交代せよ。」
という命令が来たのでした。実はこの命令を進言したのは、幕府の実権を握る老中・松平信祝(のぶとき)(陣内孝則)。彼は公儀隠密からの、「湯長谷藩に金が出る炭鉱が見つかったらしい」という報告を真に受け、なんとか理由をつけて湯長谷藩を取り潰そうと、無理難題をふっかけてきたのでした。
 湯長谷藩の藩士達は騒然。江戸までは、通常8日はかかる道のり。しかも帰ってきたばかりで、お金もありません。しかし行かなければ、「謀反の意思あり」と見なされ、どんなお咎めを受けるか分かりません。
「降参して謹慎し、許しを請おう。」
という意見も出る中、腹を決めた政酵は、大号令を発します。
「5日の内に江戸に行く!!」
かくして、知将の家老・相馬(西村雅彦)を中心に、超高速・江戸行き作戦が決行されたのでした。
 案内人を務めるのは、戸隠の抜け忍・霧隠段蔵(伊原剛志)。彼のスパルタ指導の下、一行は山道を全力疾走。途中の関所では人を雇い、相馬の奇抜な作戦で切り抜けます。しかし、一行が参勤交代すると聞いた信祝も黙ってはいません。御庭番の忍び達を放ち、政酵達の行く手を阻みます。さらには、政酵をお尋ね者として指名手配し、捕まえようと画策します。果たして彼らは、迫りくる追手を振り切り、江戸に着くことが出来るのでしょうか・・・。
 主人公の優しくて強い人柄は、とっても好感が持てます。迫りくる幾多の危機を、貧乏藩ならではの知恵で乗り切る様子も面白くて、思わず笑ってしまいます。「その手があったか!!」という感じです(笑)。
 そして、予想以上にチャンバラシーンも豊富。クライマックスの大乱闘は迫力満点で、一見の価値ありです。その割にグロシーンはかなり抑えめなので、安心して観られるのも魅力です。
 展開はやや強引でご都合主義的な感はありますが、それもまた時代劇のイイところ。ステキな痛快娯楽映画を、是非劇場でご覧になってみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/