劇場版 うわこい2 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

これが女の恐ろしさ。そして男の愚かさ。


2014年6月21日公開
監督:石川均 出演:柳ゆり菜・石田和之・本山なみ


【賛否両論チェック】
賛:「分かっちゃいるけどやめられない」男の浮気心を、見事に体現。
:前作までの知識は必須。登場人物達の恋愛感覚には、かなり好みが分かれそう。過激なラブシーンも多数あり。


ラブシーン・・・メッチャあり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 将来を約束した彼女がいながら、別の女性との逢瀬を重ねる男と、そんな彼を愛し続ける主人公の恋模様を描いた前作、その続編です。主演は人気急上昇中の、柳ゆり菜さん。
 前作で、絶対的なカップルだったユノ(柳ゆり菜)とユキテル(石田和之)の仲に楔を打ち込んだ、魔性の女・レナ(本山なみ)。優柔不断なユキテルは、危ういことと知りながらも、レナとの関係に酔いしれ、逢瀬を重ね続けていました。そんな2人の関係を知った、狂気の部外者・カオリ。彼女は「家でパーティーをやる」と称して、ユノとユキテル、レナと別な1組のカップルを自宅に招きます。そこでカオリが始めたのは、“王様ゲーム”。カオリは、毎回王様が自分になるように仕向けると、次第に過激な命令をするようになっていきます。ユキテルが途中でやめさせたため、ユノは事なきを得ましたが、翌朝カオリに
「まだまだ子供ね。」
と挑発されたユノは激怒。
「ゲームしよう。レナちゃんに、ユキテルを貸してあげる。」
と言い出します。突然のことに、元々深い仲だったユキテルとレナは困惑。しかもそれを機に、ユノはユキテルとレナの関係を、根掘り葉掘り探るようになっていきます。それでもユノに嘘をつき、レナと逢い続けるユキテル。ユノは次第に疑心暗鬼に陥り、やがて理性を失うようになっていくのでしたが・・・。
 前作同様、ラブシーンはかなり過激です。「ゲーム」と言って恋人を貸し出す主人公達の感覚も、好みがはっきりと分かれそうなところです。そして今回は、前作では明かされなかった過去の秘密も、また1つ明らかになっています。
 前作までの知識が必須なので、前作から観ている方に、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>D


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/