300 帝国の進撃 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ド迫力のCGアクション。グログロ必至の大バトル!!


2014年6月20日公開

監督:ノーム・ムロ 出演:サリバン・ステイプルトン エヴァ・グリーン 他


【賛否両論チェック】
賛:迫力のある戦闘シーンの連続に息を飲む。前作の知識も、基本的には不要。
否:とにかくグロい。「やられたらやり返す」的発想は、好みが分かれそう。CGシーンも多いので、若干チープな印象も否めない。


ラブシーン・・・過激なシーンがあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・基本的にはなし


 古代スパルタの勇敢な戦士達を描いた「300」。その同時期に起きていた、ギリシアの戦いを描いた作品です。
 時は古代。勢力拡大の一途を辿る帝国・ペルシア。前作で、わずか300人で戦いを挑んだスパルタ軍は、国王クセルクセスの前に、あえなく全滅しました。実はその同時期、海上でも壮絶な戦いが行われていたのでした。スパルタと同様、ペルシアの支配が及びつつあったギリシア。かつてクセルクセスの父・ダレイオスを殺した、ギリシアのリーダー・テミストクレスは、服従を拒否し、戦いの道を選びます。しかし、国内の諸都市の協力は得られず、テミストクレスはアテナイの戦士達を引き連れ、海上での戦いを挑みます。
 ペルシア軍を率いるのは、クセルクセスを影で操る残忍な女戦士・アルテミシア。海をギリシア軍の血潮で染めるべく、大軍を率いて襲いかかってきます。ところが、知将で知られるテミストクレスは、相手の意表を突く作戦を取り、次々とペルシア軍を蹴散らしていきます。冷酷なアルテミシアは、作戦が失敗する度に、指揮を執った味方の将軍を、次々に殺していきます。それでもなかなかギリシア軍に勝てず、業を煮やしたアルテミシアは、テミストクレスを自らの船に招き入れ、色仕掛けで仲間に引き込もうと試みます。しかし、テミストクレスはこれを拒否。あくまでも戦いを続けます。
 ただ、数的不利な状況にあって、ギリシア軍は既に満身創痍。そんな状況下のテミストクレスの下に、スパルタの300人が全滅したとの一報が届けられます。スパルタ軍のリーダー・レオニダスの剣を受け取ったテミストクレスは、決死の覚悟を決めるのでした・・・。
 実際にあったと言われる「サラミスの海戦」を、フィクションも織り交ぜながら、壮大なスケールで描いています。前作の知識もあれば尚良しですが、なくても大丈夫そうです。
 かなりCGで脚色してあるので、若干チープな印象も受けてしまいがちですが、それでもド迫力の肉弾戦の様子が克明に描かれているので、思わず手に汗握ります。
 ただしR-15なので、首が飛んだり腕が飛んだり、かなりグロいシーンが多いです。過激なラブシーンもあります。観る際はその辺を覚悟の上で、ご覧下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/