六月燈の三姉妹 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

どこか懐かしい、ほっこりする家族の物語。


2014年5月31日公開
監督:佐々部清 出演:吹石一恵・津田寛治・徳永えり 他


【賛否両論チェック】
賛:昔懐かしい商店街で織り成される等身大の人間模様に、共感出来る人は多いはず。笑って泣けるヒューマンドラマ。
否:方言が多数出てくるので、何言ってるのか分からないシーンも多い。人間関係も少し複雑で、分かりにくいか。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 鹿児島の商店街を舞台に、出戻って来た次女とその周りの家族が織り成す、ドタバタ純情コメディーです。主演は吹石一恵さん。
 舞台は鹿児島・真砂商店街。そこにある和菓子屋・とら屋にやって来た、1人の男・平川(津田寛治)。彼は妻の奈美江(吹石一恵)と離婚調停中で、実家に帰った奈美江を追いかけて、はるばる東京からやってきたのでした。奈美江の実家も複雑な家庭環境で、長女の静江(吉田羊)と次女の奈美江は、母(市毛良枝)と前夫との間の子供。そして三女の栄(徳永えり)は、母の今の内縁の夫・眞平との間の子供でした。三姉妹とも、離婚したり婚約破棄したりして実家に戻ってきており、“出戻り三姉妹”なんて言われていました。必死に奈美江と話そうとする平川でしたが、よりを戻す気はさらさらない奈美江は、冷たくあしらいます。
 折しも商店街は、地元のお祭り“六月燈”の真っ只中。とら屋でも新商品の開発中で、偶然居合わせた平川のアイディアで、「かるキャン」と命名されます。祭りでの売れ行きは好調でしたが、残念ながら奈美江との話し合いは上手く行かず、平川は四苦八苦します。
 平川との関係に心を痛める奈美江でしたが、静江と栄も、それぞれ頭を悩ませる問題を抱えていました。静江は、結婚にはもう関心がないものの、長女としてとら屋の後継の問題があり、栄は職場の男性との不倫に悩んでいました。そんなある日、些細なことから一家は大ゲンカ。栄が家を飛び出してしまうのでしたが・・・。
 さびれた商店街で、地元の人々が織り成す人間模様は、どこか懐かしくて親近感が湧きます。クスッと笑える小ネタも多くて、とってもステキです(笑)。当事者達にしか分からない男女間の問題も、重くならないようにコミカルに描かれており、爽やかさを残しつつも、思わず考えさせられます。
 方言が聞き取れないのは少し残念ですが、故郷が懐かしい皆さんには、是非ご覧になっていただきたい作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<癒されたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/