THE NEXT GENERATION パトレイバー 第2章 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

知識は必須。いよいよ動き始めたロボット映画!!


2014年4月5日公開
監督:押井守 出演:真野恵里菜・福士誠治・筧利夫 他


【賛否両論チェック】
賛:ついに動き出したパトレイバーが、とってもカッコイイ。ストーリーも短めなので、気軽に観られそう。
否:前作までの知識は必須。2話がまとめて公開なので、オープニングとエンディングが2回あるのが若干しんどいか。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・ゾンビのシーンは若干怖いかも


 アニメや小説にもなった「機動警察パトレイバー」。その実写映画化・第2章です。主演は真野恵里菜さん。
 物語は二部構成。最初はエピソード2「98式再起動せよ」。レイバーを使った犯罪も減り、無用の長物となっていた特車二課。最近では、明(真野恵里菜)と佑馬(福士誠治)の無謀な訓練により、パトレイバーはボロボロになっていました。そんな折、特車二課を潰す理由付けを探していた上層部は、ここぞとばかりに、
「パトレイバーを、警備部の装備総点検に出席させ、警視総監の前で礼砲を撃たせろ。」
との命令を出してきます。今では立っていることもしんどいパトレイバー。無茶だと嘆く隊員達を前に、隊長の後藤田(筧利夫)は、
「そこをなんとか。」
を連発します。かくして、不眠不休のパトレイバー復旧作戦が展開されるのでしたが・・・。
 そして後半は、エピソード3「鉄拳アキラ」。生粋のゲーマーである明。今日もいつものように、ゲームセンターで格闘ゲームに勤しんでいましたが、そこで黒山の人だかりを発見。そこには、どんな相手でもパーフェクトで倒してしまう、謎のオッサン(竹中直人)の姿が。負けず嫌いの明も早速挑戦しますが、何度やっても勝てません。そんなオッサンは生身でも強く、ゲームセンターから追いかけてきたチンピラも、一瞬で蹴散らしてしまいます。その様子を目撃した明。完膚なきまでに叩きのめされたショックで、翌日からは大荒れ。誰かれ構わず殴りかかり、特車二課は地獄絵図と化します(笑)。そんな彼女のパワーをリベンジに向けさせるべく、佑馬は明を心身共に鍛え上げようとするのでしたが・・・。
 今回は特に説明もないので、前作までの知識は必須です。また、今回は少しずつパトレイバーの稼働シーンも増えてきているので、ようやくロボット映画らしくなってきた印象です。とはいえ、作品自体は2つのエピソードが集約されているので、オープニングもエンディングも2回あります。それが若干辛いかもです。
 そしてこのシリーズ、あと5章あります(笑)。気に入った皆さんは、是非引き続きチェックしてみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/