ノア 約束の舟 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

宗教色かなり強め、壮大なスケールの命の物語。


2014年6月13日公開
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ラッセル・クロウ ジェニファー・コネリー エマ・ワトソン 他


【賛否両論チェック】
賛:よく映像化出来たなと思うくらい、ド肝を抜かれる壮大な映像美に息を飲む。重い使命を負ったノアの苦悩にも考えさせられる。
否:当然ながら宗教色がかなり強いので、日本人には好みが分かれそうなところ。虐殺シーンなど、かなりグロいシーンが多い。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・虐殺シーンなど多数あり
アクションシーン・・・あり
怖シーン・・・雰囲気・音楽など結構怖いかも


 旧約聖書の有名な物語が、実写映画化されました。主演はラッセル・クロウです。
 時は人類が生まれて間もないころ。禁断の果実を食べて、エデンの園を追い出されたアダムとイブは、カインとアベルとセトという、3人の息子を設けますが、カインがアベルを殺して逃亡。残されたセトの子孫の末裔が、ノアでした。世界は略奪や殺し合いで混沌としており、ノア自身も幼い頃、カインの子孫に父親を殺されるという経験をしていました。
 それから時は流れ、妙齢になったノア(ラッセル・クロウ)は、妻と3人の息子と旅を続けていました。ある日の夜、ノアは神からの啓示を受けます。業火と大洪水によって世界が滅ぼされると知ったノアは、どうすればいいか教えを請うべく、祖父のいる山を目指します。しかし途中で、岩のような巨人達に捕まってしまいます。彼らは“番人(ウォッチャー)”といい、かつて人間を助けたため、神によって今の醜い姿に変えられてしまった“堕天使”でした。ノアが神の啓示のことを話すと、1人のウォッチャーがこっそり手を貸してくれ、ノア達は無事に祖父(アンソニー・ホプキンス)の待つ山へ。不思議な力を持つ祖父と話したノアは、自らのやるべきことを悟ります。
 ノアは早速、ウォッチャー達に協力を仰ぎ、巨大な方舟を作り始めます。祖父からもらった種を巻くと、枯れ果てていた大地は、突如として緑が青々と生い茂ります。そこから木を切り出し、方舟は着々と作られていきます。やがて完成が近づくと、鳥や虫や獣達が、群れをなして集まってきます。ノアは彼らを薬草の煙で眠らせ、舟に乗せていきます。しかし、当然ながら人間達も黙ってはいません。あのカインの子孫をリーダーとして、舟を奪おうと大挙して押し寄せてくると、ノア達とのにらみ合いが続きます。
 一方、成長したノアの子供達も、それぞれに複雑な想いを抱え、苦悩します。長男のセムは、子供を産めない体の恋人・イラ(エマ・ワトソン)のことで悩み、恋人のいない次男のハムは、そんな2人の姿を妬むようになります。そんな彼らに、ノアは「人間は滅びる定めにある」と諭しますが、次第に彼らとノアの間には、すれ違いが生まれてしまいます。
 そんな中、方舟を取り巻く人間達の環境は悪化の一途を辿り、地獄絵図のような殺戮が横行します。そんな人間の蛮行を目の当たりにしたノアは、改めて神の啓示を遂行する決意を固めます。そしてついに、運命の雨が降り始めるのでした・・・。
 話のスケールが大きいので、当然映像もかなりのド迫力です。息を飲むこと間違いなしです。虐殺シーンとか、ヘビが群れをなして押し寄せるシーンとか、グロいシーンはかなり多いです。
 お話としては、当たり前てすがかなり宗教色が強いので、その辺好みが分かれそうなところではあります。ただ、それを差し引いても、「使命か家族か」という究極の選択を迫られるノアの苦悩は、観ていて胸に迫るものがあります。
 上映時間もやや長めですが、大スケールのスペクタクル映画を、是非映画館で観てみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/