ポンペイ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪


自然の前に人は無力。思い知らされる歴史スペクタクル。


2014年7月5日公開
監督:ポール・W・S・アンダーソン  出演:キット・ハリントン エミリー・ブラウニング キーファー・サザーランド 他


【賛否両論チェック】
賛:自然の脅威と、人間の生きようとする力という、マクロとミクロの視点でのストーリー展開に感嘆。火山噴火の描写は圧巻。
否:主人公が際どいところを生き抜いていくのはお約束か。かなりグロいシーンが多い。


ラブシーン・・・少しだけあり
グロシーン・・・メッチャあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・雰囲気は結構怖い


 バイオハザードの監督最新作です。古代ローマで、火山の噴火で滅んだ街・ポンペイを描きます。
 主人公・マイロは、北ブリタニアのケルト騎馬民族の出身で、その唯一の生き残り。彼らはローマに反旗を翻したため、ローマ軍によって滅ぼされ、マイロも目の前で母親を惨殺された経験を持っていました。その後、幼きマイロは人買いに捕まり、剣奴として殺し合いをさせられる日々を送ります。その中でメキメキと頭角を現したマイロは、その腕を買われ、大都市・ポンペイへと連れてこられます。その道程で一行は、馬が深みにはまった馬車に遭遇。乗っていたのは、ポンペイの大富豪の娘・カッシア。指名されたマイロは、馬を安楽死させます。
 やがてポンペイに着いた一行。牢で早速ケンカをふっかけられたマイロは、派手に暴れます。その様子をジッと見ていた、1人の男。彼はポンペイの剣奴のナンバー1で、次の試合に勝てば自由人の立場を約束されている男・アカティスでした。同じ牢に入れられた2人。やがて試合の相手が決められ、アカティスの次の相手は、マイロに決まります。お互いに「お前を殺す」といってはばからない2人でしたが、お互いにどこか自分に近いものを感じます。その後の2人の決闘の練習中、先日マイロとケンカをした男が、隙を見てマイロを刺そうとしますが、気づいたアカティスによって阻止されます。
「何故助けた?」
と聞くマイロに、アカティスは、
「剣奴は、背中を刺されて死んではならない。」
と答えます。次の試合で殺し合う相手であるにも関わらず、2人の間には、お互いに尊敬にも似た感情が沸き上がっていました。そんなある夜、マイロは偶然連れてこられた屋敷で、カッシアと再会を果たします。すぐに惹かれ合うようになった2人は駆け落ちを図りますが、失敗。マイロはムチ打ちの刑に処せられてしまいます。
 そして運命の試合当日。マイロが案じていた通り、待っていたのは決闘ではなく、“虐殺”。襲い来る兵士達を前に、マイロやアカティスら剣奴は協力し、必死に生き延びようとします。そんな中、ポンペイにあるヴェスヴィオ火山は、運命の噴火の瞬間を迎えようとしていたのでした・・・。
 噴火とか地震とか津波とか、大自然の脅威をこれでもかと見せつけられる映画です。そんな自然の中にあって、必死に生き抜こうともがいている人間の生き様もまた、見事に描かれています。
 当然ながら、かなりグロい描写が多いので、その点は覚悟してご覧になってみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/