闇金ウシジマくん Part2 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

笑えるけど笑い事じゃない、身につまされるサスペンスコメディ。


2014年5月16日公開
監督:山口雅俊 出演:山田孝之・やべきょうすけ・菅田将暉 他


【賛否両論チェック】
賛:普通の若者達が、〝金”が原因で破滅していく様子をコミカルに表現。「東京難民」同様、反面教師になりそう。前作の知識も基本的には不要。
否:暴力シーン・ラブシーンは多数あり。作品の世界観を好きでないと、観ていて苦痛かも。


ラブシーン・・・結構あり
グロシーン・・・暴力シーン多数あり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・少しあり


 あの最凶の闇金が帰ってきました。人気コミックの実写映画化・第2弾。主演は前作に続き、山田孝之さんです。
 主人公・丑島(山田孝之)は、闇金業者・カウカウファイナンスの社長。そんな彼の下には、様々な事情で金を借りに来る人間が後を絶ちません。マサル(菅田将暉)もその1人。彼は出来心から、暴走族のリーダー・愛沢(中尾明慶)のバイクを盗んで壊してしまい、ボコボコにされ、カウカウに連れてこられます。ところが丑島は融資を拒否。「殺される」と感じたマサルは必死に、
「俺を雇って下さい!!」
と懇願。そんなマサルが、3対15で愛沢とケンカしたことを知った丑島は、マサルを雇うことを決意。マサルはなんとか命拾いをします。
 同じ頃、フリーターの彩香(門脇麦)は、ゲームセンターでホストの麗(窪田正孝)と出逢います。元々ホストクラブには興味のなかった彩香でしたが、麗と親密になっていくうちに、
「ナンバー1ホストになる!!」
という夢を追い続ける麗に惹かれていきます。しかし、ホストクラブに通い続けるのは楽ではなく、彩香はやがて、デリヘルやAVの撮影にまで手を染めるようになってしまいます。それでもお金は足りず、彼女もカウカウの門を叩くのでした。
 そんな中、丑島の前に現れる、1人の女。カウカウのライバル会社「ライノー・ローン」の女社長・犀原茜(高橋メアリージュン)です。
「調子に乗んなよ丑島!!」
と警告していく犀原。一方で、実は愛沢も彼女から金を借りている1人であり、その取り立てに頭を悩ませていました。にっちもさっちもいかなくなった愛沢に、
「丑島から金を奪えばいいんすよ!!」
と持ち明けたのは、仕事をミスしてカウカウをクビになったマサルでした。やがて丑島には、荒くれ者達の復讐の魔の手が迫っていくのでしたが・・・。
 複数の人物のエピソードが上手い具合にリンクし合い、普通の若者達が人生の坂道を転がり落ちていく様が、重層的に描かれていきます。また、今回は情報屋役で綾野剛さんも出演されていますので、そちらも注目です。
 闇金が主人公というだけあって、その世界観に好みは分かれそうですが、反面教師として、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/