相棒 劇場版Ⅲ 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

刑事ドラマの概念を見事に越える、異色なスケール&ストーリー。


2014年4月26日公開
監督:和泉聖治 出演:水谷豊・成宮寛貴 他


【賛否両論チェック】
賛:離島で起きた事故をきっかけに、自衛隊をも巻き込んだ巨大な陰謀を追及していく2人が痛快。前作やテレビ版の知識も基本的には不要。
否:ラストはやや理屈っぽくて説教臭い。当然ながら殺害シーンもあり。


ラブシーン・・・キスシーンあり
グロシーン・・・殺害シーンあり
アクションシーン・・・少しだけあり
怖シーン・・・雰囲気は少し怖いかも


 あの名コンビが劇場版で登場。今回は離島で起きた些細な事故をきっかけに、巨大な陰謀の解明に挑みます。
 警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐亨(成宮寛貴)は、新聞の小さな三面記事を目にします。それは、「離島で男性が馬に蹴られて死亡した」というものでした。その直後、杉下の元相棒・神戸尊(及川光博)が2人の下を訪れます。彼によると、記事になったその島は私有地で、妖しげな民兵組織が訓練をしているとのこと。神戸の依頼は、「彼らには生物兵器を作っているという噂があるので、今回の事故の調査を名目に島に行き、その実態を調べてしてほしい。」というものでした。
 早速島に乗り込んだ杉下と甲斐。民兵の隊長・神室(井原剛志)に現場を見せてもらった杉下は、奇妙な違和感を覚えます。やがて調べを進めていくうちに、杉下はこれが殺人事件であると確信。捜査一課の伊丹達や鑑識の米沢も、島に呼び寄せます。鍵を握る馬の蹄鉄の調査を終え、何か確信を得た様子の杉下でしたが、その直後、彼らは武装した集団の襲撃を受け、気絶させられてしまいます。
 やがて杉下達が解放されたのは、なんと東京のど真ん中。実は、武装した集団の正体は自衛隊。神室達が生成しているとされる生物兵器の材料には、自衛隊から盗まれたウイルス株が使われていると踏んだ自衛隊は、杉下ら警察を排除し、自分達だけでウイルス株を発見し、証拠を残らず消し去ろうとしていたのでした。果たして、殺人事件の犯人は誰なのか。杉下と甲斐は、自衛隊の陰謀を阻止し、真実を暴くことが出来るのでしょうか・・・。
 今回は、スケールもストーリーも異色です。離島の事故から、国家権力をも巻き込んだ巨大な陰謀を追及していく様は、刑事ドラマの概念を見事に超えています。そして最終的には、「本当の平和とは」という、普遍的なテーマに行きつきます。
 ラストの犯人VS杉下のかけ合いは、若干理屈っぽくて説教臭い感はありますが、それもまた相棒の魅力の1つ。基礎知識も最悪なくても大丈夫なので、是非ご覧になってみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<深く考えたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/