テルマエ・ロマエⅡ | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

笑いは半減、感動は倍増の、入浴スペクタクルムービー・第2弾。


2014年4月26日公開
監督:武内英樹 出演:阿部寛・上戸彩・北村一輝 他


【賛否両論チェック】
賛:前作の知識も基本的には不要。ローマの風呂技師・ルシウスが、様々な現代の物を古代で再現する様が笑いを誘う。今回は重厚な感動ストーリーも楽しめる。
否:前作のような笑いの要素は半減。シリアスなストーリー重視なので、前作好きには好みが分かれそう。今回はグロシーンも少しあり。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・剣闘のシーンあり
アクションシーン・・・少しあり
怖シーン・・・コロッセウムのシーンは少し怖いかも


 一大入浴旋風を巻き起こしたあの映画が帰ってきました。現代のタイムスリップした古代ローマの風呂技師が、今回もローマの危機を救うために奔走します。主人公・ルシウスは阿部寛さん、ヒロイン役は上戸彩さんです。
 前作以来、ルシウス(阿部寛)は古代ローマでテルマエ(風呂技師)の第一人者に、一方のマリ(上戸彩)は、温泉雑誌のアルバイト記者になっていました。古代ローマでは、グラディエーターによる剣闘が大人気。そこでルシウスは、傷ついたグラディエーター達を癒すための、テルマエを作ることに。ところが、例によって全くアイデアが浮かばないルシウスは、何故か現代の銭湯へタイムスリップ。そこでは巡業に来た力士達が入浴中で、ルシウスは彼らを“平たい顔族”のグラディエーターだと思い込みます。そして、そのまま相撲を観戦したルシウスは、その平和的かつ熱狂ぶりに感心。さらに、足つぼマッサージやマッサージチェア、入浴剤にも魅せられた彼は、それらを早速古代ローマに持ち帰り、グラディエーター達から大好評を博します。
 その後もルシウスは、事あるごとに現代にタイムスリップしては、「子供が楽しめるテルマエ」や「温泉街」を古代ローマに持ち帰り、見事に再現していきます。そしてその過程で、マリとの再会を果たします。
 しかしその頃古代ローマでは、平和路線を進めるハドリアヌス帝(市村正親)に、元老院が反発。剣闘で民衆の好戦感情を煽り、領土拡大のための戦争へと、民衆を駆り立てようとしていました。そして、ハドリアヌス帝から「テルマエ・ユートピア」の建設を任されたルシウスも、その抗争の真っ只中へ、否応なしに巻き込まれていくのでした・・・。
 前作の知識は、基本的には不要です。前作同様、現代の文明に驚いたルシウスが、古代ローマでそれを再現する様が、笑いを誘います。ただし、前回のような笑い路線は半減し、今回は割とシリアス路線がメインです。剣闘でのグロシーンも少しだけあります。なので、<笑いたい>よりは<感動したい>人向けかと思います。あ、前作同様、上戸彩さんの入浴シーンも勿論ありますので(笑)、そちらもご期待のほど。
 壮大なスペクタクル映画に仕上がっています。是非劇場でご覧下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/