アメイジング・スパイダーマン2 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

超哀しい世界観。完全大人向きのSFアクションムービー!!


2014年4月25日公開
監督:マーク・ウェブ 出演:アンドリュー・ガーフィールド エマ・ストーン ジェイミー・フォックス 他


【賛否両論チェック】

賛:誰もが知っているアメコミのヒーローの世界観を丸ごと体感。敵の攻撃を華麗にかわし、倒していく姿にストレス発散すること間違いなし。
否:ちょっとCG感が出すぎで興ざめするかも。世界観もかなり暗めなので、どちらかというと大人向け。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・少しあり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・エレクトロのシーンは結構怖いかも


 誰もが知っているあのアメコミのヒーローが再登場。リメイク版の第2弾です。
 前作で街のヒーローとなったスパイダーマン。その正体は、大学生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。無事大学を卒業することになったピーターでしたが、卒業式にはまさかの遅刻。それもそのはず、街ではプルトニウムを積んだトラックが奪われ、暴走していました。ピーターの同級生で彼女のグウェン(エマ・ストーン)が答辞を述べているのと同じ頃、スパイダーマンはいとも簡単に暴走トラックを制圧すると、プルトニウムも無事に回収。主犯の男・アレクセルも、すぐに拘束してみせます。それが終わると、彼は卒業式会場に猛ダッシュ。なんとかギリギリ間に合います。ところが、何故かグウェンと距離を取るピーター。それもそのはず、前作で殉職したグウェンの父親から、
「グウェンのために、彼女にはもう近づくな。」
と言われていたからです。ピーターはその日以来、事あるごとにグウェンの父親の幻覚を見るようになっていました。その日の夜、結局グウェンとはケンカになり、別れることになってしまいます。
 心に傷を負いながらも、街の平和を守り続けるピーター。そんな彼が暴走トラックの一件の時に助けたのが、冴えない電気技師・マックス(ジェイミー・フォックス)。スパイダーマンを生み出した巨大企業・オズコープ社に勤めるマックスでしたが、デンキウナギの水槽で事故に遭ったことがきっかけとなり、電気を自在に操る怪人・エレクトロとなってしまいます。
 時を同じくして、ピーターの旧友・ハリー(デイン・デハーン)も、スパイダーマンの血液を自らに投与し、パワースーツに身を包んだ怪人・グリーンゴブリンとなってしまいます。ハリーはエレクトロと手を組み、自らを追い込んだスパイダーマンを滅ぼすべく、攻撃を仕掛けてきます。さらには、脱獄したアレクセルもサイ型アーマーを纏い、怪人・ライノとしてスパイダーマンを襲ってきます。かくして、スパイダーマン対怪人達の壮絶な死闘の幕が上がるのでした・・・。
 敵の攻撃をかいくぐりながら、ユーモラスなジョークを連発するスパイダーマンは、観ていて気分爽快です。ストレス発散間違いなしです。ただ、アクションはかなりCG感満載なので少し興ざめするかもです。
 世界観もかなり暗いというか重いので、あまり子供向けではないかもしれませんが、とにかくスカッとする映画を観たい時には、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ストレス発散したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/