キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

子供には難しい!?完全大人向け、一大スペクタクルアクションムービー!!


2014年4月19日公開
監督:アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ 出演:クリス・エヴァンス スカーレット・ヨハンソン サミュエル・L・ジャクソン 他


【賛否両論チェック】
賛:何といっても桁外れのど派手なアクションの数々。息もつかせぬ展開。今回は誰が敵で誰が味方か分からない緊迫感もあり。
否:「正義のために作られたはずの組織の裏切り」がテーマなので、子供にはやや難しいかも。激しいアクションの連続なので、ゆっくりと映画を観たい方には不向き。前作までの知識も、あった方が良い。


ラブシーン・・・キスシーンだけあり
グロシーン・・・殺害シーン・乱闘シーン多数あり
アクションシーン・・・メッチャあり
怖シーン・・・少しだけあり


 「アベンジャーズ」のリーダーであり、正義感に燃える初代ヒーロー「キャプテン・アメリカ」が再び登場。今回は治安維持のための組織〝シールド”で、その内部に潜む悪党の陰謀に挑みます。
 「アベンジャーズ」の戦い以後も、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)の指揮の下、シールドの一員として活躍を続けるキャプテン・アメリカことスティーブ。その日も彼は、シールドのメンバーと共に、海賊に乗っ取られた船舶の救出任務に当たっていました。しかし、その現場でスティーブは、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)が何かのデータを盗み取っている現場に遭遇します。問いただすスティーブをよそに、ウィドウはそしらぬ顔。納得がいかないスティーブは、長官のニックにも問いただしますが、そこでニックから知らされたのは、恐るべき治安維持の方策でした。
 それは、世界中の上空に巨大空母・ヘリキャリアを飛ばし、同時に世界中の犯罪者のDNAデータベースとも連結。ありとあらゆる犯罪予備軍を空から監視し、必要であれば排除しようとするものでした。その「犯罪が起こる前に芽を摘む」姿勢に、スティーブは、
「それは正義ではなく、恐怖だ。」
と反発します。
 ところがその後、状況が一変。何者かによってニックが襲われ、命を落としてしまいます。そして、ついにはスティーブやウィドウまでもが、仲間であったはずのシールドの面々に襲撃されてしまいます。それでもなんとか逃げ延びた2人は、かつてスティーブが青年時代を過ごした基地の真下にあった謎の施設で、戦時中に滅んだはずのナチスの秘密結社〝ヒドラ”が生き続けており、アメリカの中枢にまで深く入り込んでいることを知ります。さらには、謎の強敵・ウィンター・ソルジャーも現れ、スティーブの命を狙ってきます。かくして、強大な相手を敵に回したキャプテン・アメリカ達の、孤立無援の戦いの幕が上がるのでした・・・。
 さすがアメコミ。アクションは桁違いにど派手です(笑)。次から次へと息詰まるアクションの連続で、ハラハラドキドキすること間違いなしです。逆に言うと、もっとゆっくり映画を楽しみたい方には、不向きとも言えますね(笑)。また今回は、誰が敵で誰が味方か分からなくなるような難しいお話なので、あまりお子様向きではないかもしれません。
 前作までの知識も、勿論あった方がイイですね。また、当然ながら続きます。この先も待ち遠しくなるような終わり方なのも、このシリーズならでは。エンドロール後も映像がありますので、お見逃しのないように。
 良くも悪くも桁違いのスケールですので、壮大な映画を観たい方には、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<ハラハラしたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/