サクラサク | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

若さを笑わず、老いを恨まず。


2014年4月5日公開
監督:田中光敏 出演:緒形直人・南果歩・藤竜也 他


【賛否両論チェック】
賛:最初はバラバラだった家族が、少しずつ1つになっていく様子が、ごく自然に描かれていく。その過程で、知らなかった家族の優しい一面に出逢えたりする。身近にいる大切な人を想わせてくれる作品。
否:想像以上に重いテーマ。軽い気持ちで観ると、気分が沈むかも。台詞もやや小説口調だったりするので、その辺も好みが分かれそう。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・汚物のシーンあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 さだまさしさん原作の小説、その映画化です。バラバラになりかけた家族が、祖父の認知症を機に、再生していくお話です。
 主人公・俊介(緒形直人)は、大手企業の部長。常務からの信頼も厚く、取締役への出世も間近と言われていました。一方で、家族仲は険悪。フリーターの息子・大介(矢野聖人)との会話はほとんどなく、高校生の娘・咲子(美山加恋)は小言を全く聞かず、妻・昭子(南果歩)ともろくに口を聞かない毎日を過ごしていました。おまけに、父・俊太郎(藤竜也)は最近様子がおかしく、フラフラと徘徊して保護されたりしていました。
 そんなある日、俊介は仕事中に突然昭子からの電話を受けます。電話の向こうの昭子は半狂乱の状態で、
「とにかく早く来て!!」
と叫ぶばかり。慌てて帰宅した俊介の目に飛び込んで来たのは、廊下で粗相をしたまま倒れている俊太郎の姿でした。その後も、俊太郎の徘徊や粗相は度々起こりますが、昭子も大介も咲子も知らん顔。そのあまりに他人行儀な様子に業を煮やした俊介は、とうとう大介を殴りつけてしまいます。
 ところが、俊太郎の口から出たのは、意外な言葉でした。それまで、俊太郎の介護をこっそりやってくれていたのは、なんと大介だということでした。自分の知っている大介の姿との違いに、驚きを隠せない俊介。そして彼は、自分がこれまでいかに家庭を省みていなかったかを思い知らされるのでした。
 このまま家族がバラバラになっていてはいけないと痛感した俊介は、家族全員を車に乗せ、俊太郎の記憶にかすかに残った思い出の場所を探しに、一路福井県へと旅立ちます。もちろん、最初は不平不満ばかりだった面々。しかし、道中様々な場面でお互いの気持ちをぶつけ合ううちに、少しずつ家族としての絆を取り戻していきます。果たして彼らは、俊太郎の記憶の中にある思い出の地へと、たどり着くことが出来るのでしょうか・・・。
 最初はお互いに無関心でバラバラだった家族が、お互いの思いもよらぬ一面を知っていくうちに、少しずつ1つになっていく様子が、穏やかかつ爽やかに描かれます。観終わった後に、思わず自分の大切な人達へ、感謝の想いを伝えたくなります(笑)。欠点としては、それくらい重いテーマなので、あまり軽く観られる感じではないというところでしょうか。台詞も若干小説チックなので、その辺も好みが分かれそうなところ。
 それでも、家族を想う気持ちが伝わってくるとても温かな作品ですので、是非ご覧になってみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/