L♥DK | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

男性票は得難いか。デートには不向きの女性向け胸キュン恋愛ムービー!!


2014年4月12日公開
監督:川村泰祐
出演:剛力彩芽・山崎賢人・中尾明慶 他


【賛否両論チェック】
賛:女性同士で観て、後でワイワイガヤガヤするのがオススメ。第一印象は最悪なのに、意外な一面を見るうちに恋してしまう。そんな乙女心をくすぐる純愛ラブストーリー。
否:男性からの共感は・・・かなり得難い作品。デートで観ると、男性が退屈しそう。


ラブシーン・・・少しあり
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 少女漫画が原作の、胸キュンラブストーリーが実写映画化。主演は、今をときめく剛力彩芽さん。相手役は、「Another」や「リアル鬼ごっこ3」の山崎賢人さんです。
 主人公・葵(剛力彩芽)は、1人暮らし中の女子高生。彼女の親友・萌(岡本玲)は、学校一の人気者・柊聖(山崎賢人)に片想い中。しかし、勇気を出して告白した萌は、あっけなくフラれてしまいます。そのデリカシーのない様子に怒った葵は、柊聖に食ってかかりますが、勢い余って階段から突き落としてしまい、柊聖は怪我をしてしまいます(ただし軽傷)。やむなく柊聖を家まで送ることになった葵でしたが、柊聖の家に着いてみて仰天。なんとそこは、葵の部屋の隣りだったのでした。
 予想外のことで驚く葵をよそに、柊聖は至ってマイペース。ちゃっかり葵に、掃除や料理までさせてしまいます。ところが、突然着替え出した柊聖に慌てた葵は、料理を失敗。火災報知機とスプリンクラーが作動し、部屋は水浸しに。おまけに修理業者が立て込んでいて、大家のカズミ(白石美帆)からは、
「1ヶ月は住めない。」
と言われてしまいます。しかし、柊聖はどこ吹く風。ちゃっかり葵の家に、居候を決め込んでしまいます。かくして、恋愛経験のない葵と、学校一のアイドル・柊聖の、ありえないルームシェアが始まったのでした。
 学校でバレたら一大事と神経質になる葵をよそに、柊聖は思わせぶりな態度をとり続けます。始めは、柊聖を「親友を振った最低な男」としてしか見ていなかった葵も、やがて少しずつ柊聖を意識するようになっていきます。やがて2人の恋模様は、萌やカズミ、柊聖の親友・亮介(中尾明慶)や兄貴の草樹(福士誠治)、同じアパートに住むイケメン・三条(桐山漣)、そしてさらには柊聖の元カノ・桜月(石橋杏奈)も巻き込み、思いもよらぬ方向へと進んでいくのでした・・・。
 さすが少女漫画原作、女性同士で観るのがオススメです。柊聖のキャラクターも、なかなか男性からの共感は得られなさそうなので、デートには不向きかも知れません。〝この恋がアリかナシか”なんてテーマで、観た後にワイワイガヤガヤしたい映画ですね(笑)。
 葵の感情描写はかなりステキです。最初は着替えや洗濯物でいちいちキャーキャーしたり、冷蔵庫とかに「勝手に開けるな!」って注意書きが貼ってあったり、2人の布団の間に間仕切りがしてあったりします。それらが話が進むにつれ、いつの間にかなくなっていきます。それだけ、少しずつ2人の距離が縮まっていく感じが、ごく自然に描かれていきます。
 内容的には、好き嫌いが真っ二つに分かれそうなラブストーリーですが、キュンキュンしたい女性の方には、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<泣きたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/