THE NEXT GENERATION パトレイバー 第1章 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

動きそう…で、動かない。異色のロボット映画(笑)。


2014年4月5日公開
監督:押井守 出演:真野恵里菜・福士誠治・筧利夫 他


【賛否両論チェック】
賛:原作の知識は不要。特車二課の面々のコミカルなやり取りが笑いを誘う。時間も短いので、気軽に観られそう。
否:“ロボットの活躍”を期待して観ると、散々なことに。展開も割と単調で、短い作品なのに眠くなるかも。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・一応あり
怖シーン・・・なし


 アニメや小説にもなった「機動警察パトレイバー」。その実写映画化です。主演は真野恵里菜さん。続き物で、今回はその第1章です。
 物語は二部構成。最初はエピソード0「栄光の特車二課」。舞台は、人型ロボット“レイバー”が普及した近未来の東京。レイバーを悪用した犯罪に対処するべく、警視庁が開発したロボット、“パトレイバー”。しかし時代は流れ、パトレイバーの出動機会はほとんどなくなり、隊員達はひたすら待機を繰り返す日々を送っていました。エピソード0では、整備班の班長・シバが、創設時の栄光を思い出し、独白をする形で進みます。
 そして後半は、エピソード1「三代目出動せよ」。パトレイバーの輝かしい時代はとっくに去り、ただひたすら待機を繰り返し、「無能」と呼ばれる“三代目”特車二課。操縦士の明(真野恵里菜)や指揮担当の佑馬(福士誠治)を始め、面々はただただ怠惰な毎日を過ごしていました。そんな中、突然鳴り響く緊急警報。果たして彼らは、無事に出動出来るのか。緊迫した空気の中、パトレイバーは現場に急行するのでしたが・・・。
 原作の知識は基本的には不要ですが、「ロボットが先陣切って活躍する映画!!」だと思って観ると、かなり後悔します(笑)。パトレイバーが活躍するシーンはあまりなくて、基本はそれを取り巻く人間模様がコミカルに描かれます。笑いもちょいちょい入りますが、展開そのものは割と単調なので、短いけれどちょっと眠くなるかもです。
 とはいえ、パトレイバー出動のシーンは、圧巻でとてもカッコイイです。かつて男の子だった皆さんは、きっとたまらないと思います(笑)。
 今後は、第2章としてエピソード2と3。そして長編映画版も予定されているようなので、世界観が気に入った方は、そちらも是非チェックしてみて下さい。


オススメジャンル&オススメ度・・・<笑いたい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/