神様のカルテ2 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

忘れがちな“大切”を教えてくれる、爽やかヒューマンドラマ。


2014年3月21日公開
監督:深川栄洋 出演:櫻井翔・宮崎あおい・藤原竜也 他


【賛否両論チェック】
賛:医者や人間のあるべき姿を、爽やかに、それでいて鮮明に描き出す感動作。手術描写も少な目なので、安心して観られる。
否:言葉の言い回しが結構小説チックなので、好みは分かれそう。物語も意外と単調なので、眠くなるかも。


ラブシーン・・・基本的にはなし
グロシーン・・・手術シーンが少しあり
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・なし


 嵐の櫻井翔さん主演、救急病院に勤める若き医師と、その妻の姿を爽やかに描く第2弾です。
 主人公・イチこと栗原一止(櫻井翔)は、長野県の救急病院・本庄病院に勤める医師。昨今の“病院もビジネス”論の中にあって、誰よりも休まず、誰よりも1人の患者に時間をかける医師として、スタッフや患者からは信頼され、逆に経営陣からは疎まれる存在でした。そんな本庄病院に、ある日イチの医大時代の旧友・タツこと進藤辰也(藤原竜也)がやってきます。
 タツのスタッフの評判は、最初は最悪。「定時にすぐ帰る」「患者に冷たい」「夜は連絡がつかない」といった具合。かつてのタツからは想像がつかないその評判に、イチは疑問を抱きながらも、冷徹なタツの態度に、ついついコーヒーを引っかけてしまいます。
 実はタツは、医師で妻の千夏(吹石一恵)を東京に残し、一人娘と共に長野に来ていました。妻の心をボロボロにしてしまった医療現場の態勢に疑問を感じたタツは、「医師も人間だ」という信念の下、自身の姿勢を貫いていたのでした。折しも、イチの妻・ハルこと榛名(宮崎あおい)は妊娠中。身重の妻を家に残し、仕事に打ち込むイチに対し、タツは、
「夫婦って何なんだ?」
という疑問を投げかけます。
 仕事をとるのか?家族をとるのか?苦悩する2人に追い打ちをかけるように、イチの大先輩・貫田(柄本明)が倒れてしまいます。仕事一本だった貫田と、それを支え続ける妻・千代(市毛良枝)の姿を見るうち、2人の中でも、確実に何かが変わり始めるのでした・・・。
 3組の医師と妻の姿を通して、「医者のあるべき姿」そして「人間のあるべき姿」という答えのないテーマを紡ぎ出す、素敵なストーリーです。手術シーンもかなり少な目なので、そういうのが苦手な方も、比較的安心して観られます。
 意外と単調な進み方ではあるので、少し眠くなるかも知れませんが、普段忘れがちな大切なものを気付かせてくれる、オススメの作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/