LEGO(R)ムービー | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

ぎこちなくて可愛い、独自の世界観ムービー!!


2014年3月21日公開
監督:フィル・ロード クリス・ミラー 出演:クリス・プラット ウィル・フェレル リーアム・ニーソン 他


【賛否両論チェック】
賛:LEGO好きにはたまらない、ブロックさえあれば何でも作れる世界観が見事。「自分らしさ」がテーマの、大人も楽しめる作品。
否:おもちゃ嫌いな人には受けない。動きも不器用なので、その辺に抵抗がなければオッケー。


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・なし
アクションシーン・・・あり(笑)
怖シーン・・・基本的にはなし


 あのLEGOの世界観が、そっくりそのまま映画になりました。バットマンやスーパーマンなど、お馴染みのキャラクターも登場します。
 主人公・エメットは、ブロックシティで働く工場作業員。ここでは、“おしごと社長”の号令の下、街の人々は皆“マニュアル”に従って暮らすことで、幸せな毎日を送っていました。その中でも、エメットは極めて平凡な、目立たない存在でした。そんなある日、夕暮れの誰もいなくなった工事現場で、エメットは怪しげな人影を見つけ、追いかけた弾みで深い穴に落ちてしまいます。
 次の瞬間、目を覚ましたエメットは、二重人格の警官・バッドコップ&グッドコップに捕まっていることに気がつきます。そして彼の背中には、何やら不思議な部品がくっついていました。手荒な真似をしようとするロボット達の前に、エメットは危ういところを、あの謎の人影・ワイルドガールに助けられ、別世界の老人・ウィトルウィルスと出逢います。彼いわく、おしごと社長の正体は、LEGOの世界を征服しようとする“おしごと大王”。その野望を阻止出来るのは、“選ばれし者”=エメットだとのこと。
 とんでもない勘違いに、最初は全くやる気のなかったエメットでしたが、迫りくる追手と対峙する中で、次第にリーダーとしての自覚が出てきます。そして、最初はエメットのことを見下していた仲間達も、次第に彼の良さを認め、共に戦うようになっていきます。そんな中、最終兵器“スパボン”を使い、おしごと大王は自らの野望を成し遂げようとしていたのでした・・・。
 内容としては、圧倒的にコメディです。美術家のミケランジェロと、ミュータント・タートルズのミケランジェロが並んでいて、順番に
「ミケランジェロ!」
と呼ばれるシーンとか、かなりシュールです(笑)。
 ただ決してそれだけではなく、「自分とは何者なのか?」という普遍的な疑問を投げかける、少し大人向けなテーマも伝わってきます。
 動きとかは当然ぎこちないですが、それらも含めて愛せる人には、是非オススメです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<家族で観たい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/