猫侍 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

〝犬派"もイチコロ!?可愛すぎる〝猫派"時代劇ムービー!!


2014年3月1日公開
監督:山口義高 出演:北村一輝・蓮沸美沙子・寺脇康文 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・ほぼなし
アクションシーン・・・殺陣あり
怖シーン・・・なし


 テレビドラマの映画版。伝説の人斬りとして恐れられた浪人が、1匹の猫と出逢い、巻き起こす騒動をコミカルに描きます。主演は北村一輝さん。
 主人公・斑目久太郎(北村一輝)は、かつて加賀藩の剣術指南役で、“百人斬り”と恐れられた剣豪。今は浪人になり、妻子を故郷に残したまま、江戸で奉公先を探す日々でした。そんな彼のもとに、米沢一家からの奇妙な依頼が舞い込みます。生粋の“犬派”として知られる米沢一家。その依頼は、彼等と対立する“猫派”の相川一家の愛猫・玉之丞を斬ってほしいというものでした。
 礼金に動かされた久太郎は、この依頼を渋々承諾。忍び込んだ猫屋敷で出逢った用心棒・新右衛門(寺脇康文)に、
「変な名前。」
と言われながらも、これを追い払い、目当ての玉之丞と対峙します。ところが、その可愛らしさに斬ることが出来なかった久太郎は、玉之丞が死んだように見せかけ、連れ帰ります。
 当然ながら、相川一家は大騒ぎに。その喧騒をよそに、久太郎は玉之丞に悪戦苦闘。部屋を荒らされたり、餌を食べなかったりで、手に負えません。やむを得ず久太郎は、再び相川一家の猫屋敷に忍び込みます。そこで久太郎は、女中の・お梅(蓮佛美沙子)と、後釜の用心棒・新助(浅利陽介)に出逢います。
 実は、先の用心棒・新右衛門は、新助の父親を殺した張本人。新助は、ずっと新右衛門を探していたのでした。その新右衛門が、今度は米沢一家の用心棒になったことから、話はさらにややこしくなります。
 両家のにらみ合いが激しさを増す中、久太郎は相変わらず玉之丞に振り回されるばかり。そんな久太郎でしたが、実は彼が浪人になってしまったのには、深い訳があったのでした・・・。
 時代劇ですが、血生臭いシーンは皆無です。家族でも安心して観られます。寡黙でコワモテな久太郎が、心の中で色々ツッコんでいるのが、シュールで笑いを誘います。
 玉之丞役の猫ちゃん達(3匹いたらしい)もとってもキュート。久太郎が、
「萌えー!!」
っと言ってしまう気持ちがよく分かります(笑)。
 家族で観るのもよし、デートで観るのもよし、1人で観るのもよしの、万能型ムービーです。


オススメジャンル&オススメ度・・・<癒されたい>

本サイトはこちら→ http://movienavi.net/