ジョバンニの島 | <ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

<ムービーナビ> by映画コーディネーター・門倉カド

観たい映画に迷った時は、このムービーナビをご活用下さい。現在公開中の映画の中から、目的や好みに合わせた映画を探せます。

※「声に出して読みたい映画のセリフ in 2018」 4月8日発売♪

戦争の悲劇を赤裸々につづる、重厚な大人向けアニメーション。


2014年2月22日公開
監督:西久保瑞穂 出演(声):横山幸汰・谷合純矢・市村正親・仲間由紀恵 他


ラブシーン・・・なし
グロシーン・・・基本的にはなし
アクションシーン・・・なし
怖シーン・・・基本的にはなし


 宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜」をモチーフに、終戦直後の色丹島で実際にあった悲劇を描いたアニメです。
 時は1945年。主人公・純平は、弟の寛太、島の防衛隊長の父(市村正親)、漁師の祖父(北島三郎)らと共に、 北方四島の色丹島に住んでいました。終戦直後、ソ連が突如島に進攻。島は占領され、島の人々の家財は没収。純平達の家もソ連将校の家族が住むことになり、純平達は納屋で暮らすことを強いられてしまいます。そして純平の小学校でも、上級生の教室はソ連の子供達が使うことにされてしまうのでした。
 最初はソ連の人々を嫌い、敵意をむき出しにしていた純平達でしたが、お互いの教室から聞こえてくる合唱を聞いているうちに、自然とお互いの歌を口ずさむようになり、それがきっかけで子供達は一気に仲良くなります。一方、純平は自分の家に住むことになった将校の娘・ターニャのことを好きになり、2人は良い仲になっていきます。
 ところがそんなある日、父親が日本軍の残していった食糧を密かに配っていたことが発覚。父親はシベリアに強制送還されてしまいます。そして残った純平達もやがて、シベリアに送られてしまうのでした。劣悪な環境の中、それでも純平は、寛太や叔父の英夫(ユースケ・サンタマリア)や担任の佐和子先生(仲間由紀恵)と共に、父親との再会を果たすべく、奔走するのでした・・・。
 クスッと笑えるシーンもありますが、全体的に雰囲気はかなり重いです。戦争の悲劇が、赤裸々につづられています。そんな中でも、必死に生きようとする兄弟の姿が、感動を誘います。
 また、日本音楽事業者協会創立50周年記念作品なので、綺麗な音楽も随所に感じることが出来ます。
 テーマは重いですが、大人向けのアニメとして、是非オススメしたい作品です。


オススメジャンル&オススメ度・・・<感動したい>


本サイトはこちら→ http://movienavi.net/